« 「非差異化」時代のマーケティング/日経「やさしい経済学-経営学のフロンティア」 | トップページ | モバイル広告市場1.5倍に成長/電通「日本の広告費」 »

2009年2月20日 (金)

イベントツールをモバイルに集約したら85%の参加率/「販促会議」3月号

0903

 本ブログの「突撃レポート」でご紹介したイベント「ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト ジャパンイベント」が、宣伝会議様発行の「販促会議」3月号(2月1日売り)で紹介されました。

 記事によると、企画立案当初より「日本ではモバイルをフル活用しよう」ということでした。
 具体的には、イベント告知(D2Cも「メッセージF」でお手伝いしました)→参加応募受付→抽選結果通知→入場チケット配信→入場受付→クイズ大会への参加→お土産配布まで、全てをモバイルに集約したのです。

 その結果、イベント会場内で行われたクイズ大会への参加率(=クイズ参加者数/イベント来場者数)は、なんと85%!
 イベントで重要な「一体感」を生むことに、大成功したとのことです。

 企画した島田栄子さんは、「手持ちのモバイルに終始一貫したことで、参加者もかえって迷わなかったのでは」と成功要因の分析をしていました。

 「販促会議」3月号の12~13ページを、ぜひご覧下さい。

 0903_2

|

« 「非差異化」時代のマーケティング/日経「やさしい経済学-経営学のフロンティア」 | トップページ | モバイル広告市場1.5倍に成長/電通「日本の広告費」 »

① モバイルマーケティング」カテゴリの記事

⑦ 掲載・放送・展示」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220361/44161384

この記事へのトラックバック一覧です: イベントツールをモバイルに集約したら85%の参加率/「販促会議」3月号:

« 「非差異化」時代のマーケティング/日経「やさしい経済学-経営学のフロンティア」 | トップページ | モバイル広告市場1.5倍に成長/電通「日本の広告費」 »