« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の28件の記事

2009年2月26日 (木)

本日の講演がダウンロードできます/宣伝会議モバイルマーケティング実践講座(第三期)

Photo_2  本日からスタートした宣伝会議様主催の「モバイルマーケティング実践講座」(第三期)。
 (第三期の予告はこちら、第二期の模様はこちら、第一期の模様はこちら

 「モバイル広告・マーケティングの最新概況」をお伝えする役回りとして、第一期、第二期と同様、私の方で初っ端の講師を務めさせていただきました。

 当日の講義の内容は、第二期と同様に、PDFにしたファイルをアップロードしておきますので、ご活用下さい。
 (講演内容は、「20090226.pdf」をダウンロード

   ただし、当日ご紹介した20の事例のシートは省いてあります。
 こればかりは、有料の講座に参加された方への配慮はもちろん、生の講義の場でしかお見せできない部分があるからです。
 本講座に参加されていらっしゃらない方は、どうかご理解下さい。

 

 さて、本講座ですが、来週以降、素晴らしい講師の方々が登場されます。
 (D2Cからは、広報宣伝部長の篠崎功が3月26日に登壇予定です)

 毎週木曜日19時~21時の授業は、大変かと思いますが、皆勤賞を目指して、頑張ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

ケータイは不況に効く特効薬/「日経ネットマーケティング」

Nm0904

 日経BP様より毎月25日発売の「日経ネットマーケティング最新号(3月号)が届きました。

 私が執筆させていただいている連載コラム「ケータイ時流潮流」は、再び8ページ目に移動しています。

 今回のタイトルは、「ケータイは不況に効く特効薬」。
 サブタイトルは、「キャンペーン応募に見る最強販促ツールの姿」です。

 コラムの前半は、1月29日に開催した「D2Cモバイルマーケティングセミナー」の冒頭のご挨拶でお話ししたことの一部をご紹介しています。
 (プレゼンテーションは、こちらからPDFでダウンロードできます) 

 コラムの後半は、D2Cの「今年度上期MVP獲得者」(新卒3年目です!)からの指摘をきっかけに着想した「将来の方向性」を紹介しています。

 ぜひ、「日経ネットマーケティング」3月号をご覧下さい。

Nm0904_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

絶対これはお買い得!/「インタラクティブ広告年鑑2009」

Tiaa

 このブログでもご紹介した「インタラクティブ広告年鑑 JAPAN INTERACTIVE ADVERTISING ANNUAL -09」(インプレス様発行)が、本書の主要コンテンツである「東京インタラクティブアドアワード」(TIAA)を主催する「インターネット広告推進協議会」(JIAA)から送られてきました。

D2CがTIAAの活動を支援しているからです) 

 9,450円という価格に相応しいA4版320ページの重量感。
(書店では買って帰れません。通販がおすすめ)

 めくるたびに表情が変わる楽しいページデザイン。
 (表紙は、”ブログ”風になっています)

 そして、企画や制作をされた方々への貴重なインタビューが満載。
 (インタビュー対象者リストは、こちら

 さらに、第1回からの受賞作品のアーカイブといった、インタラクティブ広告に関する資料性も備えています。

 ネット広告関係の会社なら、1冊は置いておくべきでしょう。

 ちなみに、JIAA会員社の方は、大きな割引を受けられますよ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

モバイル広告市場1.5倍に成長/電通「日本の広告費」

Photo

 本日、電通から2008年の「日本の広告費」がリリース(PDF)されました。

 モバイル広告費は、今回もまた全媒体を通じて最も高い成長率を記録し、1,000億円突破に大手をかけました。

 このモバイル広告費が、100億円の大台を突破したのは、2008年から5年遡った2003年でした。
(電通「2003年の日本の広告費」PDFより)
 当時、私は大台突破の嬉しさのあまり、D2C発行の業界新聞「D&DNews」で担当するコラム「オピニオン」において、「次の大台(1,000億円)突破は、5年後の2008年!」と大きなことを言っています。
(詳しくは、こちら

 予想ははずれましたが、1,000億円に結構近いところまで来ていたので、再び大感激です。
 
 わずか9年前まで、世界中のどこにも存在しなかったモバイル広告市場。
 D2Cが、生活者に受け入れられるよう利便性と楽しさを、可能性を信じてくださった広告主様や広告会社様と一緒に提供し続けてきました。
 そして、D2Cの後に仲間が続くよう積極的に情報やノウハウを公開し続けてきて、同じ志を持った人たちもずいぶん増えてきました。

 その結果、数年前まで誰も振り向かないような市場規模だったのが、「継続は力なり」という言葉があるように、みんなで手を抜かずに一生懸命に頑張り続けた結果、無視できない市場規模になったのです。

 これからも1日1日の努力が積み重なって、将来もっと大きな市場に成長することでしょう。

 上記グラフのEXCELファイルは、こちら 
  (「2008.xls」をダウンロード

 

 2008

 さて、電通「日本の広告費」ですが、今年の統計では「インターネット広告市場」(PCネット+モバイル)が、「新聞広告市場」を抜き去り、「テレビ広告市場」に次ぐ位置づけになりそうです。
 (2010年2月発表予定)

 昨年7月に実施したD2C「モバイルマーケティングセミナー」の私の冒頭挨拶(プレゼンテーションのダウンロードは、こちら)では、「民放連研究所」様の予測を元に、「2013年に逆転か」と予測しましたが、「インターネット広告費」に制作費を含めた「新」統計になった効果もあり、予測より4年も前倒しになりそうです!

 (新聞社で唯一、「逆転」の可能性に触れている産経新聞社様の記事は、こちら
 この産経新聞様は、「日本の広告費」発表の遙か前となる今年1月8日に、「逆転」の可能性に触れた記事を出されました。何か強い意志を感じます・・・。)

 とはいえ、この逆風の中、PCインターネット広告市場の伸びがそれほど期待できない分、今年「逆転」が現実となるかどうかは、「モバイル広告市場」の成長が鍵を握っていることは間違いないでしょう。

2008_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

イベントツールをモバイルに集約したら85%の参加率/「販促会議」3月号

0903

 本ブログの「突撃レポート」でご紹介したイベント「ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト ジャパンイベント」が、宣伝会議様発行の「販促会議」3月号(2月1日売り)で紹介されました。

 記事によると、企画立案当初より「日本ではモバイルをフル活用しよう」ということでした。
 具体的には、イベント告知(D2Cも「メッセージF」でお手伝いしました)→参加応募受付→抽選結果通知→入場チケット配信→入場受付→クイズ大会への参加→お土産配布まで、全てをモバイルに集約したのです。

 その結果、イベント会場内で行われたクイズ大会への参加率(=クイズ参加者数/イベント来場者数)は、なんと85%!
 イベントで重要な「一体感」を生むことに、大成功したとのことです。

 企画した島田栄子さんは、「手持ちのモバイルに終始一貫したことで、参加者もかえって迷わなかったのでは」と成功要因の分析をしていました。

 「販促会議」3月号の12~13ページを、ぜひご覧下さい。

 0903_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

「非差異化」時代のマーケティング/日経「やさしい経済学-経営学のフロンティア」

Photo

 日本経済新聞朝刊の名物コーナー「経済教室」下に、「やさしい経済学」という人気コーナーがあります。

 現在、「経営学のフロンティア」というシリーズで何人かの方が寄稿をされていますが、本日より新テーマがスタートしました。

  タイトルは、「『非差異化』時代のマーケティング」で、執筆はD2Cのビジネスを色々とサポートしていただいている恩蔵直人教授(早大院)です。日経産業新聞への寄稿(本ブログの記事)が終わったばかりなのに、大人気ですね。
(日本経済新聞出版社から出た恩蔵教授との共著については、こちら

 「伝統的なマーケティング理論」が通用しなくなった現代社会において、「補完する理論・手法の必要性」を説かれる恩蔵先生に共感し、「モバイルマーケティング」が解決策の一つになるとD2Cは確信し、マーケティング界の進化へ貢献すべく、日々努力しています。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

アドテック、準備会合を開催/「アドバタイムズ」

Adtechadvertimes  また、過去の掲載記事でスミマセン。

 先週水曜日発行の「アドバタイムズ」(発行:宣伝会議)にて、2月5日開催された「ad:tech tokyo 第1回アドバイザリーボード」の模様が伝えられています。

 お手元の、「アドバタイムズ」2月11日号の2面をご覧下さい。

 あわせて、ad:techサイトアドバイザリーボードのページに全員の顔写真が掲載されましたので、あわせてご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

見逃せないモバイルの逆クロスメディア力/「マーケティング ホライズン」

0812_3  先月お知らせし忘れた記事掲載についてです。

 日本マーケティング協会より月発行している総合マーケティング情報誌「マーケティング ホライズン」の「PULSE」コーナー(最新のトピックスを紹介するところ)への執筆依頼があり、寄稿しました。

 内容は、マーケティング・コミュニケーションの世界でだいぶ活用されるようになった「逆クロスメディア」セオリーに関するものです。

 この「逆クロスメディア」の考え方ですが、マス広告の衰退、もっと言えばマスメディア(マス媒体)の衰退を救済する考え方になると、私は真剣に考えています。

 ぜひ、お手元の「マーケティング ホライズン」12月号(昨年末発行)の8、9ページをご覧ください。

 

  

0812_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

「マイベストプロ神戸」でプロを見つける/神戸新聞社

Photo  昨年11月、日本新聞協会のイベントで講演をさせていただいた際、ホスト新聞社としてお世話になった神戸新聞社の松本博文様、西山泰之様が来社され、ミーティングをしました。

 現在お二人が注力しているサイトが、「マイベストプロ神戸」です。
今月正式スタートしたばかりなので、まだPC版のみですが、面白いサイトなのでご紹介します。

 サイトのコンセプトは、「厳選したプロを紹介する、地元密着型のWebガイド」。
司会建築設計のプロから、フットウェアナチュラルガーデン造りのプロまで、様々な専門家63名を紹介しています。

 さらに、読者は質問や依頼をするために、この厳選したプロの人達にコンタクトすることができます。

 新聞社の信頼性とも相まって、困ったときにまずアクセスする人気サイトになりそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

「DDNews」最新号が発行されました

Ddn0902_2  D2Cが発行する世界初のモバイル広告業界新聞「DDNews」の最新号が発行されましたが、お手元に届いていますでしょうか?

 既に本ブログでご案内の通り、創刊号から続いてきた私のコラム「オピニオン」は前号にて終了しています。

 そこで3面では、空いたスペースを利用して、様々な業界の企業が展開中のモバイルマーケティングの概要を満載しています。

 また、バックナンバーも、D2Cサイト上にアーカイブされています。

 この「DDNews」を、モバイルマーケティング戦略の立案に、ぜひご活用ください

 (購読のお申し込み、リリースの投げ込みは、こちらからどうぞ)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

「バレンタイン向け広告」最終編

090214  明治製菓様が運営するチョコレートショップが、「100%ChocolateCafe.」です。

 ECサイトとともに、アンテナショップとしての店舗展開も行っています。
 (明治製菓本社にお邪魔するときは、1Fにあるお店に、ついつい寄ってしまいます)

 ターゲットが女性なので、モバイルサイトも充実しており、D2Cモバイル広告メニューをよくご利用いただいています。

 そうしたら、D2Cメンバーからもらった「義理」チョコが、こちらのバレンタイン限定商品でした。美味しかったです。

 D2Cメンバーは、お客様(広告主)に対して、とても「義理堅い」のです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

第2回「JaM Media Session in Tokyo」開催

Jam0902  本日夜、D2Cが入っている汐留住友ビル(当ビルでガラス新工法を実現した日本板硝子様による紹介サイトPDFファイルもご覧ください)の会議室にて、最新のマーケティング・コミュニケーションに関するディスカッションの場「JaM Media Session in Tokyo」の第2回目が、開催されました。

 主宰は、このブログでもお馴染み、日経BPオンラインの連載などで活躍されている在米マーケター、大柴ひさみさんです。

 今回は、全米大統領の座を射止めたオバマ新・大統領の選挙コミュニケーションを題材に、生活者に情報主権が移行した現代社会に適したマーケティング・コミュニケーションの姿を探りました。

 大柴さんからは、選挙期間中に行われたオバマ陣営からの発信(YouTubeで展開された「支持者向け戦略共有」)や、有権者側から自然発生し広まった支援メッセージ(MySpaceで展開された「The Presidential Pledge」、YouTubeで展開された白人社会への痛烈な皮肉)といった様々なコンテンツが次々に紹介されました。

 大柴さんがいつもおっしゃっていることですが、生活者ときちんと向き合って、真面目に「会話」することの重要性と、生活者同士が、ブランドについて「会話」を始めるための仕掛けの重要性が、ますます高まっていることを実感できました。
 (セミナーでは、いくつかの企業の最新事例が紹介されました)

 さて、一つ嬉しいことがありました。私のブログでセミナーを知って参加し、満足して帰られた方がいらっしゃいました。
「役に立てて嬉しい!」
ここら辺が、ポイントかも知れません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

JIAAが「行動ターゲティング広告のガイドライン」案を発表

Jiaa0902

 本日、インターネット広告に関わる広告会社や媒体社など約200社が加盟する業界団体JIAA(インターネット広告推進協議会、D2C副会長会社)が会員社に対してセミナーを開催し、行動ターゲティング広告ガイドラインの策定を進めるることを発表し、ガイドライン案への意見募集を呼びかけました。

 ガイドライン策定の検討メンバーには、D2Cから、岸良征彦、田中紀之、根津憲一が参加しました。

 セミナー会場には、NHKのカメラが入りました。(上記写真の左端)
報道機関の関心も非常に高いようです。

 セミナー閉幕後、ガイドライン案の策定を推進した近藤弘忠氏がインタビューに対応しましたが、「生活者に気持ち悪さを与えないことが重要」と何度も強調していました。

 当日23時台のNHKニュースで放送された画像は、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

「内定者広告」発表

A_4  D2Cの内定者は、入社直前の2月になると、「自分たちを広告する」というテーマで、先輩社員に対するマーケティング・コミュニケーション活動を実施します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_2  今年も凝った、楽しい企画が出来上がりました。

 

 

 

Photo_3  彼らがD2Cに加わるまであと2ヶ月。

  

 

 

Photo_4  とても楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

「モバイルマーケティング実践講座」開講2週間前!

Photo_5

 宣伝会議様が運営する教育講座の一つである「モバイルマーケティング実践講座」の開講が、いよいよ2週間後に迫ってきました。

 今回の第3期も多くの方にご参加いただくようで、人気講座の一つに成長したようです。
 (2008年9月開講の第2回については、こちら/2008年2月開講の第1回については、こちら

 人気の秘密の一つが、豪華な講師のラインナップ(詳細は、こちら)だと思います。
 最先端のモバイルマーケティングの分野の中で、さらに最先端の取り組みをされている方々ばかりですから、まさに「実践講座」の名にふさわしい、情報やノウハウを聞くことができます。

 今回も、私が「初っ端」を務めさせていただきます。

 毎週木曜日夜7時~9時で全10回というカリキュラムは、とても大変かと思いますが、最後まで頑張ってください!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

再び「午前大阪→午後東京」で講演

Wan

 午前中に大阪で講演をした後、その日の午後に東京でまた講演をする・・・。 

 昨年の12月2日(ブログの記事は、こちら)と同じ状況が、わずか2ヶ月後に再びやってきました。

 午前の講演は、「2010年卒業生向け採用セミナー」です。約40分しゃべりました。
 (「2010年新卒採用セミナー」について書いた記事は、こちら

 正午過ぎに大阪の会場を飛び出し、今回は飛行機で東京に移動。
 16時から「世界新聞協会」(WAN=World Association of Newspapers)の「The Asia Study Tour 2009」参加者に対して、「日本におけるモバイルマーケティングの最新事情」("Mobile" Makes Marketing Evolve)をテーマに講師を務めました。1時間ちょっとしゃべりました。

 ところで、このような研修ツアーは、日本では中堅社員やスタッフ部門の人が行くケースが多いですが、海外では違うようです。

 今回の参加者を見ると、ヨーロッパやアジアの新聞社のPresidenntやPublisher、CEOといった方々ばかりです。

 1月に研修ツアーを受け入れた「BSCL」(Berlin School of Creative Leadership)でも、広告会社のCEOやクリエイティブ担当役員が参加していました。
 (その時の模様は、こちら) 

 どんなに偉くなっても、「日々勉強が重要」ということでしょうか・・・。
アウトプットばかりでなく、ちゃんとインプットもしなくては!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

TIAA受賞作が満載/「インタラクティブ広告年鑑2009」

Tiaa  

  インターネット広告に関わる広告会社や媒体社など約200社が加盟する業界団体が、インターネット広告推進協議会(JIAA)です。D2C副会長を務めています。

 そのJIAAが主催する広告賞「東京インタラクティブ・アド・アワード(TIAA)」の受賞作を紹介する本が、2月3日に発売されました。(JIAAサイトでの紹介は、こちら
 その名も「インタラクティブ広告年鑑 JAPAN INTERACTIVE ADVERTISING ANNUAL ‐09」が、株式会社インプレスジャパンより発売されました。

 直近の第6回TIAA受賞作に加え、過去5回分の主要受賞作紹介や、受賞者などの関係者インタビューも掲載されているとのこと。

 ちょっと高価ですが、インタラクティブ広告関係者のバイブルと言える本です。

 詳細は、インプレス様のサイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

GGMでも「バレンタイン向け」広告

Photo

Photo_2 GGM(Gガイドモバイル:D2CiPG社と共同で展開するテレビ番組表アプリ、3キャリアにプリインされ登録者は世界最多)でも、バレンタイン向け広告が展開されています。

 展開されているのは、ロッテ様の「ガーナ」チョコレート。

 広告スペース2枠をセット(新聞で言うところの「見開き」ですね)にして、展開しています。
 広告スペースにカーソルを当てたときに登場する吹き出し機能も、コミックのようにCMキャラクターの声が聞こえてくるようなコピーになっています。

 GGMは、テレビ番組表ですから、テレビ好きの生活者が、テレビ視聴時や、テレビ番組のことを考えている時に利用します。

 そこで、ロッテ様は、TVCMのクリエイティブとあわせた展開を行い、「TVCMの続き」(この場合は、手作りチョコレシピ138種類))としてモバイルサイトに誘導することを狙っています。

 TVCMのリーチ効率をアップさせる、「GGMの王道的活用法」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

「ア ラ レーヌ アストリッド」に行ってきました

Photo_2

 本日午前中、麻布十番に行き、昨日ご紹介したショコラティエ「ア ラ レーヌ アストリッド」様に行ってきました。

 フランスから空輸されたチョコレートは、どれも本格的。

Photo

 とりわけ、「Eau de Vie」(上段中央)は、洋酒がセンターに入っているボンボンショコラで、その洋酒のジャンルを5つ程から選べるようになっていました。
 選んだ洋酒は、「カルバドス」。リンゴから作った蒸留酒ですね。
お酒が飲めない私には、「酔っぱらうのでは・・・」と思うぐらいお酒が効いた、まさに「本物」。

 お酒が好きな人に、好きなジャンルの洋酒を選んで贈ると、きっと喜ばれると思います。
(ちなみに上記の写真は、「ご自宅用」の包装です。プレゼント用の場合は、有料ですが立派な箱にいれてくれますよ。)

Photo_3

 さて、予告されていたプレゼントのショコラ1粒は、「Chaillot」でした。このチョコのサンドイッチも面白いだけでなく、美味しかったです。

 「プレゼントしたお店のチョコの味を、送り主がちゃんと把握できる」・・・・。
バレンタインデー向けに、購入者の立場に立った気の利いたキャンペーンですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

バレンタインに向け盛り上がるモバイル広告

Photo_3Photo_5
 この週末はチョコを買いに行かれる方も多いと思います。

 そんな人達をターゲットに、NTTドコモの「メッセージF(フリー)」(D2Cが販売窓口、詳細はこちら)を活用したモバイル広告が、2つ配信されました。

 左側は、コーラルカラーが落ち着く麻布十番のショコラトリー「ア ラ レーヌ アストリッド」様。
 右側は、ブルーが美しい「GODIVA」様です。

 どちらもメッセージFの媒体特性である、日時指定、エリア指定、性別指定等のターゲティング機能を活用していただきました。
さらに、「ア ラ レーヌ アストリッド」様はメッセージFの広告スペースで告知内容を十分伝えられるとのことで、リンク無しタイプになっています。

 さて、「ア ラ レーヌ アストリッド」様では、明日11時のオープンからお買い上げ先着300名様に「特典あり」だそうです。お近くの方は、ぜひお店に行かれてください

Godiva2009 また、「GODIVA」様は、短期間に多くのリーチが獲得できるNTTドコモの「iMenu」上で広告(D2Cが販売窓口)を展開してされました。

 GODIVA様も、限定商品の発売や、素敵なキャンペーンを実施中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

ad:tech tokyo「アドバイザリーボード・ミーティング」開催

Mtg

 本日午前、9月に開催される一大イベント「ad:tech tokyo」の正式キックオフとなるイベント、第1回「アドバイザリーボードミーティング」が開催されました。

 インタラクティブマーケティングに長けた広告主・広告会社・媒体社など総勢34社の代表者達が一同に会したのは、この会議が初めてかも知れません。

 この規模の大型イベントになると、今年のテーマ決めや、カンファレンスのテーマ出しのために、専門家が集まって、ディスカッションすることが常套手段です。

 でも、ad:techでは、34名のエグゼクティブが7チームに分かれて、なんとグループディスカッションし、チーム毎に発表までするという、まるで何かの研修のようなことをしました。新鮮です・・・。

 

Mtg_2

 今日、各チームから出された提案をad:tech側がまとめカンファレンスのテーマに沿って、国内外からエントリーされるスピーカーの立候補者を絞り込み、2日間のカリキュラムが組み立てられていきます。
 どんな顔ぶれになるのか、とても楽しみです。

 余談ですが、同じ会場内で本田技研様の「インサイト」発表会をやっており、会場周辺では報道記者が運転するインサイトがたくさん走っていました。

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年2月 4日 (水)

「次世代広告夜会第2夜」でご挨拶

Jisedailogo00001ai_2  本日夜、「次世代広告夜会第2夜」が行われました。
 (第1夜の模様は、こちら

 頭から参加するつもりだったのですが、新卒採用セミナーが午前・午後と2回あった影響で、業務を終えて向かったら、すっかり遅刻してしまいました。

 会の最後に、主催者の武富さんのご厚意で、マイクを使って皆様にご挨拶させていただく機会を頂戴しましたが、あの場でお話ししたことは、何ら偽りのない本音です。

 「過去の資産に甘え、食いつぶすのではなく、真に広告主が求めるもの、真に生活者が求めるものを、みんなで創ろう。それが、『次世代広告』だから。
 様々な立ち位置の、でも同じ気持ちの人たちが、武富氏が用意してくれたこの場を活用して、アイデアを持ち寄ろう。そしてディスカッションを通じて、そのアイデアを昇華させ、実行しよう。
 100アイデアがあれば、100全て実行しよう。その中で、いくつか生き残り、次の主流になる。それが『次世代広告』の姿。
 アメリカはそれができる環境にある。だから強い。でも、日本だって『次世代広告』を求める気持ちでは負けていないはず。100人以上の同じ気持ちの人がこうやって集まっているのだから。
 (そして、それを9月のad:techで示そう!)
 この場が第3夜、第4夜と続くように、皆の手でもり立てて、ぜひ楽しく、でも戦略的に「次世代広告」を考えていこう!」

 自分で発言したことを忘れないように、一生懸命思い出しながら、書き起こしてみました。
 

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

今年のスーパーボウルCM

Photo  30秒CM1本が300万ドル(2.7億円)という強気の値付けが災いして、NBCは67の広告枠を試合前日になって何とか完売にこぎ着ける・・・、と当日の試合内容と同様、スリリングだったスーパーボウルのCMセールス。
 全米9,000万人以上が視聴したとされる全てのCMが、NFLのサイトで公開されています。

 昨日深夜に、ザーと目を通しましたが、「3D(立体)CM」が登場したことにビックリしました!
(PCで見てもよくわかりませんので、詳細は、こちらのサイトをご覧ください)

 車CMでは、ビッグ3が撤退。ドルベースでもウォン安の結果、価格競争力が高まった「HYUNDAI」が勝負に出ています。
 特に、「GENESIS」のCMはオススメです。(英語のわからない私でも楽しいです。しかし日本人は、ハンディと呼ばないですよねぇ。)

 また、アメリカでも「アバター」が注目されているようで、「Coca Cola」のCMで面白く表現されています。

 例年通り、大金を投じてCMを流し、勝負をかけているドットコム企業もチラホラ見られます。

----------------------------------------
 (追記)
 サンフランシスコ在住の大柴ひさみさんが、スーパーボウルCMについてブログに感想を書かれていますので、そちらの方が参考になると思います。
 特に、スーパーボウルのレギュラー広告主のバドワイザーに対抗するために、ミラーがどのようなネット活用法を考え出したのか?という話は、アメリカ在住でないとわからない貴重な情報ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

2010採用セミナーがスタート!

10 D2Cの「2010年採用セミナー」がスタートしました。
会場は、D2C「全体会議」と同じ、ビル内の大ホールです。
 (移転の際、このビルを選んだ理由の一つですが、本当に便利です)

 モバイル広告市場の成長とともに、D2Cの人気もどんどん上昇しているようで、熱心な学生の方が、多数参加してくれました。

 セミナーの内容ですが、まず私から、「D2Cのビジョン」と、「求める人物像」を中心に30分程、お話ししました。

 次に、新卒2年目から4年目のメンバーから2名登場し、普段の仕事ぶりを紹介しました。
 そのプレゼン内容は、個性を重視して、事前チェックをしません。
だから、ドキッとするような本音が飛び出すので、ハラハラしながら聞いています。でも、毎年楽しみなコーナーです。

 最後に質疑応答を行って、セミナーは終了。正味2時間です。
(セミナーを聞いて入社を希望する人は、この後、筆記試験を受けてもらいます)10_3

 学生からは、「他の会社と違って、社長が出てきて、わかりやすくビジョンを語るので、志望が高まった。」という話を聞き、嬉しくなります。

 確かに各回2時間、1日4時間拘束されるので、正直なところ、業務が滞ります。
 でも、2003年に新卒採用を始める時に、「セミナーに来た人達は、人生最初の就職先を決めようとしているのだから、直接会って、話をしよう」と決めました。
 拘束されると行っても、1年の中のわずか十数時間。
そう思って、6年目の今も続けています。

 来週は、大阪で開催します。

 学生の皆さん、全力を出し切って、悔いのない就職活動をされるよう、祈っています。頑張ってください!10_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

D2Cマラソン部、全員無事完走!

0902  昨日、横浜で行われた「第31回神奈川マラソン」に、D2Cマラソン部から8名が出走しました。

 ハーフマラソンの部(この大会で最長)と10キロの部に分かれて参加し、全員が無事完走したそうです。立派!

 特に、写真左後ろの男性は、神奈川県外から自転車でやってきて、ハーフマラソン(21キロ)を走って、また自転車で帰っていったという強者。
 D2Cメンバー初のトライアスロン出走者が、もうすぐ誕生するかも知れませんね。

 D2Cのクラブ活動については、過去の記事や、2010年新卒採用サイトの人事担当者ブログの記事をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーボウルが、始まりました

 アメリカで、1年を通じて最も視聴率の高いコンテン「スーパーボウル」が始まりました。
 CM料金も当然、最高額。多くの広告主は、キャンペーンのスタートをここにあわせて、CM制作にもお金をかけます。

 というのは、昨年までのお話。今年はどうなるのか・・・?
 試合よりも、気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から、「D2C採用セミナー」が始まります!

2010  明日から、2010年3月卒業・修了予定の方に向けた「D2C採用セミナー」がスタートします。
 (詳細は、こちら

 例年どおり、私から会社の概要とビジョン、求める人材像をお話しします。
 次に、先輩社員が業務内容や社内の雰囲気を紹介しますが、今年からプレゼンター全員が新卒採用の先輩となりました。

 念願の「新卒採用による新卒のための採用セミナー」の実現です!

 今年も、夢に満ちあふれた人達にたくさん会えることを楽しみにしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

「日本UNHCR協会」より感謝状をいただきました

Photo  UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の日本における公式支援窓口である、日本UNHCR協会様より、活動支援に対する感謝状を頂戴しました。

 UNHCRは、世界の難民の保護と難民問題の解決へ向けた国際的な活動を先導、調整する組織。
 緒方貞子さんが、1990年から2000年まで高等弁務官を務めた(国連総会で2期に渡り選出)ことで、ご存じの方も多いと思います。

 D2Cの大事なお取引先の一つである広告会社NIKKO様が企画された、UNHCR向けチャリティプログラム「Digital Tokyo Map & Calendar2009」に、D2Cが参加したことで、この感謝状をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »