« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の21件の記事

2008年11月30日 (日)

D2C篠崎功が結婚しました

Shinozaki  D2C創業メンバー6人の中の一人であり、NTTアド時代、ダブルクリック時代も含めて、ネット広告業界の多くの方にかわいがっていただいているD2C篠崎功が、39歳364日にして結婚入籍しました。

 そして、本日、無事に結婚披露宴を執り行いましたので、皆様にご報告いたします。
 (披露宴で、私は来賓挨拶を務めました。出席された方、お聞き苦しくでスミマセンでした。)

 二次会も盛大に行われ、大演芸大会では、名だたる取引先の方々の素晴らしい余興を押さえ、「D2Cハンドベル隊」の演奏が優勝を飾りました。

Photo  披露宴、二次会と大勢の方にお越しいただき、また祝電も多方面からいただき、本人も親指を立てながら、さぞや満足していることと思います。

 本人になりかわり、御礼申し上げます。
 これからも、イジッてやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

モバイルが大活躍!/映画「シャイン・ア・ライト」公開記念イベント

Stones2  12月5日(土)より全国ロードショーの映画「シャイン・ア・ライト」をテーマに盛り上がろう!というイベントが、青白いクリスマスライトアップが眩しい六本木ヒルズアリーナ(大屋根広場)で開催されました。

 D2Cが、本イベントの告知をお手伝いし、エリアや性年齢がセグメントできるターゲット広告「メッセージF」をご活用いただきましたので、御礼のご挨拶も兼ねて、突撃しました。

 「シャイン・ア・ライト」は、ベテランロックバンド「ローリング・ストーンズ」のNY講演を中心に作れた映画。
 当日は600名以上の熱心なストーンズ・ファンが集結!その盛り上がりぶりに、日本テレビ様も収録にかけつけました。

Stones  大画面を使って出されたクイズに、モバイルを使って解答する企画も、何とか無事に上手くいき、参加された皆さんは、

 私も、18年前に東京ドームで行われた初来日コンサートに行きましたが、その時の興奮が蘇る素敵なイベントでした。

 新聞各紙のレビュー記事でも講評の映画「シャイン・ア・ライト」は、12月5日封切りです。
 よろしくお願い申し上げます。

Stones_3Stones_2 Stones

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

「世界が動き出す! 2009年モバイル・アドバタイジング」/mobidec2008

Mobidec2008  11月27日・28日開催された「mobidec2008」にて、オリコム武富正人局長とトークセッションを行いました。

 武富局長といえば、日本における「ad:tech」の第一人者。主催者との太いパイプを生かして、東京開催への誘致に成功。
9月に日本で初開催される「ad:tech TOKYO」の事務局長も務められている方です。
(今年の9月に、武富局長が企画し、200人以上を集めた「次世代広告夜会」については、こちら

 今回のコンテンツは、武富局長の強い想いから生まれています。
「海外のad:teechでモバイルが語られるようになったが、その場に日本人スピーカーがいないのはおかしい!
 それは、海外に進出していないからだ!進出すべきである!」

 確かにそうだと思います。

 また、このコンテンツを伝えるプレゼンテーション方法も、武富局長はこだわりました。
「ad:techと比較すると、日本で開催されるセミナーは、プレゼンテーションが型どおりでつまらない!」

 参加された皆様、講演がエンターテイメントになるよう頑張ってみましたが、いかがだったでしょか?

世界中の上質なプレゼンテーションと、高度なディスカッションが披露される「ad:tech TOKYO」が、今から楽しみです。

 なお、この講演を紹介する武富局長のブログは、こちらです。

Mobidec

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年11月27日 (木)

慶応大学院で講義

Yagami  早稲田大学とご縁が多い私ですが、今日は母校である慶応大学の大学院で講義をしてきました。

 日吉のさらに奥にある矢上キャンパスの姿は、大学・大学院と計4年間通った20年前(!)とは、すっかり様変わり。でも、一歩中に入ると、昔のまま。
 要は、耐震工事によって、外観だけ変わっているようです。
通っていた頃、もし大地震が起きていたら・・・、と考えてしまいました。

 講義内容はもちろん「モバイルマーケティング」。
レポート必須ということなので、「2015年のモバイル端末の企画趣意書」という課題提出をお願いしました。

 7年後と言えば、講義を受けた大学4年生や修士1年生が社会人として活躍している頃。
 自分の書いたアイデアを思い出して、「当たった!」「はずれた!」と喜んでくれれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

「ケータイ広告5つの効果(後編)」/日経ネットマーケティング

Nm12  毎月25日発売の「日経ネットマーケティング」(日経BP様)が届きました。
私の担当コラムは、いつもの9ページ目です。

 内容は、前号からの続きで、「モバイル広告効果調査」(JIAA調査)の後編です。

前半の
--------------------
①インパクト効果
②ブランディング効果
--------------------
に続き、後半では、
--------------------
③態度変容効果
④重複メディア到達効果
⑤口コミ(バイラル)効果
--------------------
を、ご紹介しています。

 ぜひ、お手元の「日経マーケティング」をご覧下さい。

 JIAA「モバイル広告効果調査」のレポートは、無料でこちら(PDFファイル)から入手可能です。

Nm12_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

ブログでも自社の情報を発信/日経メディアラボ

Medialab  1ヶ月前、「社長がブログを書く狙い」というテーマで、日経メディアラボ様から取材を受けました。

その記事が、日経メディアラボ様のブログに先ほどアップされました

 私以外では、フォートラベル経営企画室広報担当の矢野智美さんを始め、様々な人に取材しており、順次登場するそうです。
 (さすがに私の口からバラすわけにはいきません)

 「日経メディアラボ」ブログを、どうぞお読み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連休に台湾で講演

Cpc  昨日までの三連休、生まれて初めて台湾に行きました。

 残念ながら楽しい旅行ではなく、台湾の経済産業省の外郭団体「中國生産力中心」が主催するセミナーで講師役を務める業務出張でした。

 このセミナーは、「日本から講師を招き、最先端の広告手法を学ぶ」という主旨で、年に1回のペースで開催されているそうです。
 私からは、「モバイルマーケティング」の最新状況を紹介しました。

 講演にかかる往復の旅費や宿泊費は、国内でも海外でも、招聘側が支払ってくれるので、文句は言いにくいのですが、業務関連のセミナーを、土・日に、しかも1日中ぶっ通しで行っていることに、とてもビックリしました。
 日本では、まず集客が無理でしょう。

 これは、お国柄のようで、24時間年中無休、休むのは旧正月だけというお店も多いとのこと。
 受講された方(台湾の広告主、広告会社、媒体社の方々)はとても熱心で、講演終了後、質問が相次ぎました。

 また、D2Cは、台湾の広告関係企業や携帯電話企業の間で、私の想像以上に有名でした。
 これにもビックリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日産「新型キューブ」、iモードのポータルで告知

Nissan   五千万人契約のドコモのポータルページ「iMenu」にて、日産様が新車「キューブ」の発売を告知していらっしゃいます。

 積極的にインタラクティブ・マーケティングに取り組んでいらっしゃる企業のモバイルマーケティングをぜひ体験してみてください。

 リンク先のキャンペーン・メニュー画面は、とてもカッコイイですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

明日開催!JMA「エグゼクティブのためのインターネット・マーケティング戦略概論」

Jma  11月21日(金)と12月2日(火)の2回、16時~18時に日本マーケティング協会主催で、全く新しいコンセプトのセミナーを実施します。

 対象は、マーケティング担当マネージャー。
 中味は、PCインターネット・マーケティングと、モバイルマーケティングの概論。

 お忙しい企業のエグゼクティブに対して、進展著しいPCとモバイルを活用したマーケティングの最重要ポイントを、「2時間×2回でわかる」ということを目標に、実施します。

 初めての開催&十分な告知もしていないにも関わらず、40名を越えるエグゼクティブの方に、ご参加いただきます。
第一回ですので、「一緒に新しいコンセプトのセミナーを創るんだ!」という気持ちでご参加いただけると、嬉しいです。

 

--------------------------------  

(追記)
 無事、第一回目の「PCインターネット編」が終了いたしましたが、皆様いかがだったでしょうか?

 電通ネットイヤーアビーム及川直彦社長と、ネットイヤーグループ佐々木裕彦取締役のレクチャーは、体系的に整理され、非常に有益だったと思います。

さて、いよいよ来週12月2日(火)は、「モバイル」編。D2Cの篠崎功本部長と私とでご説明します。
 モバイル編だけの参加も可能です。ご希望の方は、こちらからどうぞ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

デジタル出版の国際会議、アジアで初開催/アドバタイムズ。

081119_2  ブログ更新を復活させた日から、ニュースがてんこ盛りです。
 それだけ、モバイルマーケティング業界が盛り上がっている証拠だと思います。世の中で、ほぼ唯一活況で、将来も明るさがイメージできる業界なのではないでしょうか?

 さて、今日の3本目(最後です)は、宣伝会議様が週刊で発行されている広告業界紙「アドバタイムズ」の一面記事です。

 このブログでも紹介済みの、先週水・木・金と東京で開催された、FIPPと日本雑誌協会共催の「アジア太平洋デジタル雑誌国際会議」を伝える記事で、私も参加したパネルディスカッション「デジタル広告の未来を探る」の写真が掲載されています。

 お馴染みの「ケータイプレゼン」で頑張りましたが、そのことが記事で触れられていました。頑張った甲斐があります。
 宣伝会議様、ありがとうございました。

 (ケータイプレゼンとは)

 ぜひ、お手元の「アドバタイムズ」最新号をご覧下さい。 
 

 なお、モデレーターを務められた「さとなお」さん(高校の先輩であり、ブログ界の大先輩です)のブログで紹介されていますので、こちらをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三回D2Cモバイルショッピング大賞贈賞式

081119  本日昼より、第三回となるD2Cモバイルショッピング大賞(過去の記事はこちら)の贈賞式を開催しました。

 都内だけでなく、大阪や浜松からお越しいただき、ありがとうございました。

 受賞された方々の「客観的に見て評価されたことは、とても嬉しいし、スタッフの励みになります!」というお言葉を聞いて、世界で唯一のモバイルEC専門の賞を立ち上げ、そして継続してきて、間違いでなかった、とこちらも嬉しい気持ちになります。

 受賞された皆様、おめでとうございます!
 審査員の皆様、ご支援ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アバター、複数サイトに登場」/日経産業新聞

20081119  11月5日にリリース(PDFファイル)し、本ブログでもご紹介した「iアバター」が、今日からサービス開始になります。

 嬉しいことに、本日の日経産業新聞にて、この「iアバター」の記事が掲載されています。

 お手元の日経産業新聞4面を、ぜひご覧下さい。

(追記)
 D2Cホームページに、「iアバター」サービス開始のリリースを掲載しました(PDFファイル)。ご覧下さい。

 I

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

ブログにかける時間は30分以内

 みなさま、ご無沙汰しております。
10月20日以来、ほぼ1ヶ月振りの更新です。

 1年前、このブログを立ち上げるにあたって、ルールを設定しました。

 ①ブログにかける時間は30分以内にする。

 ②業務時間外(始業前・昼休み・夜)に行う。

 ③土・日・祭日には行わない

 つまり、この1ヶ月間、平日にわずか30分の時間すら作ることができずに、ブログをほったらかていたという訳です。
 逆に言うと、多忙だった1ヶ月の間に、ブログのネタがたくさん貯まりました。

 本ブログは、活動記録の意味合いもあるので、この1ヶ月間に発生したトピックスについて、日時を遡って登録します。
 この記事の下に(この記事よりも以前に)未読記事が登場してきますので、この1ヶ月間に何が起きていたのか、ぜひご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

レッドブル・モバイルサイトが正式スタート

Photo_2   14日(金)、エナジードリンクとして世界で数多く飲まれているレッドブル様のモバイルサイトが、正式スタートしました。
(PCサイト上のリリースはこちら/ただしPCサイトも相当凝っているので、正確に表示されるまで、一呼吸お待ち下さい)

 サッカーのレッドブル・ザルツブルクで活躍する宮本恒靖選手が登場する動画を始め、きせかえツール、フラッシュ待受、デコメールなど、モバイルの最新機能を使いきる強力コンテンツが多数用意されています。

 一押しは、レッドブル様が世界中で開催している空のF1こと、エアレースの臨場感を再現した直感ゲーム
(最近の私の講演で必ず登場するので、ご覧になった方も多いと思います)

 D2Cでは、レッドブル様のモバイルサイトの企画・制作・運営のお手伝いをさせていただいてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

「GATSBY学生CM大賞2008」授賞式

2008  昨年に引き続き、「GATSBY学生CM大賞」の審査員をさせていたただき、11月15日(土)に大阪のマンダム様本社にて行われた最終選考会および贈賞式に参加してきました。
 (昨年の授賞式の様子は、こちら2008_2    今年の授賞式は、受賞チーム(学生さんです)をレッドカーペットでお迎えです!

 大賞および各部門の受賞作品と受賞チームの紹介は、マンダム様のPCおよびモバイルサイトに掲載されています。昨年も高い実力を見せた韓国勢、力の抜け具合が楽しい香港勢、そして、最近は学校を上げて応募に力を入れるケースも増えてきた日本勢と、受賞作は、いずれも力作揃いです!

 懇親会で、受賞されたチームの方々とお話ししましたが、「昨年は一次予選でダメだった。悔しくて頑張ったら、今年は受賞できて嬉しい」という声を何人かから、聞きました。
 これはひとえに、マンダム様がこの企画を、頑張って継続されているからこそ、だと思います。

 さて、私が贈賞したモバイル賞の「髪型重要」(宝塚造形芸術大学チーム)ですが、TVCMというよりは、YouTubeやニコニコ動画で流す「ネットCM」として、大きな可能性を感じました。
 きっと口コミでどんどん拡大していきそうなパワーを作品から感じました。
 懇親会では、その原動力ともなっている主演男性(イバ君)ともお会いしましたが、イイ男でしたよ。
 あのヘン顔は、昔、真剣にバラエティ路線を目指していたときに、練習して作り上げたそうです。
 主演男優・女優賞が、男女別に分かれていれば、間違いなく受賞していたのですが・・・。惜しい!
 皆様からの出演オファーを、お待ちしています。

Photo_6  さて、マンダム様(GATSBYチーム)は手を緩めません!
なんと平行して、「GATSBY STYLING DANCE CONTEST」なる企画も進めていらっしゃいました。
現在、PCおよびモバイルで人気投票を受け付け中です。

 このようにどんどんチャレンジされるパワフルな会社だから、こんな時代でも業績が絶好調なのですね。

(追記)
 11月20日、授賞式のレポートフォトギャラリーや、審査員の講評、受賞者のコメント等が、マンダム様のHPに掲載されました。
 私の方で贈賞させていただいた「モバイル賞」の講評ビデオもご覧いただけます。また、山崎隆明さんと黒田秀樹監督がお二人でされた総評は、必見です!
 こちらを、ご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

デジタル広告の未来を探る/「アジア太平洋デジタル雑誌国際会議」

Fipp  11月14日は、東京で開催されているイベントにて、パネルディスカッションのパネラーを務めてきました。

 イベントとは、FIPP(国際雑誌連合)と日本雑誌協会が共催した「第1回アジア太平洋デジタル雑誌国際会議」で、大会のテーマは「紙とデジタルの融合」。
 その中で、「デジタル広告の未来を探る」というタイトルで、雑誌広告の良さ、デジタル広告の良さを比較しながら、両者のWin-Winの関係をディスカッションしました。

 モデレーターは、電通の佐藤尚之クリエイティブディレクター、以外のパネリストは、アメリカからグラムメディアのRalf Hirt VPと、ブライトコーブのAdam Berrey SVP。

 私は、お馴染みの「ケータイプレゼン」で、前日の日本新聞協会のイベントから披露し始めた新作、「24時間30cm以内」に存在するから生み出せる「逆クロスメディア」を活用した「新しい統合マーケティングの形」と、「2013年(7年後)のデジタル端末の予想図」について、お話ししました。

 (ケータイプレゼンとは

 さて、このイベントですが、アジアを中心に世界中から雑誌関係者が集まるので、パネルディスカッションの内容は、パブリック・ビューイングも含めた500名を越える方向けに、日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語に同時通訳されました。
 来場者・講演者・イベント運営のどれをとっても、本当の国際会議でした。
 大成功に導かれた、日本の運営スタッフの皆様に敬意を表したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

「新聞広告の力」をテーマにパネルディスカッション/第47回全国新聞社広告責任者会議

Photo_3  11月13日は、神戸ポートピアホテルにて開催されたイベントで、パネルディスカッションのパネラーを務めてきました。

 イベントとは、日本新聞協会が主催する広告担当の役員・局長クラスが集まる、年に一度の大会議でした。

 新聞広告界は、私が社会人としてスタートした所。ビジネスマンとしての原点です。
 私自身、マスメディアの裏方を拝見させていただく機会を通じて知った、皆様のプロフェッショナルな仕事ぶりが大好きです。
 実際、家で新聞を2紙、新聞社系総合週刊誌を1誌を購読しています。

 そんな新聞広告への愛情から、ついつい熱く語ってしまい、持ち時間を5分ほどオーバーしてしまいました。

 一緒にパネラーをされた、キヤノンマーケティングジャパンの岡野宏コミュニケーション本部宣伝制作部長と、北原利行電通総研コミュニケーション・ラボ部長、そしてコーディネーターを務められた朝日新聞社の鈴置修一郎東京本社広告局長に、ご迷惑をおかけしてしまいました・・・。

 さて、話の内容は、この講演から新作にしています。
モバイル広告について語る部分を「24時間30cm以内にあるから生まれる「逆クロスメディア」を中心に据え、マス広告の新しい位置づけを提言し、21世紀型の統合マーケティングコミュニケーション(IMC)を一緒に考えるものです。

 今回のホスト新聞社となる神戸新聞様は、閉会に間に合うように号外(記事の最後にあります)を出されたり、会議の中味を報道したり、素晴らしい運営をされていらっしゃいました。

 神戸新聞の皆様、お疲れさまでした。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

F1メディア 半田勝彦様/JMA「モバイル・マーケティング研究会」②

 第二回目は、イベントや屋外広告、PCとのクロスメディア事例を、半田社長にお話しいただきした。

詳細は、研究会参加者であるウライ☆ヒロ様のブログをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

コンテンツプロバイダー様向けに講演/ドコモ四国支社

Photo_7  11月6日(木)は、高松にあるドコモ四国支社(昔のドコモ四国本社ですね)が主催するセミナーで講演をしてきました。
(上の写真は、JR四国の高松駅)

 講演では、いつものケータイプレゼンのスタイルで、モバイルマーケティングのお話しを、ドコモが新しく始める「iコンシェル」や「iウィジェット」、D2Cが始める「iアバター」の活用可能性を交えながら、お話しさせていただきました。
 (ケータイプレゼンとは

 講演の後の懇親会では、講演を聞きにいらっしゃた方々とお話ししました。

 四国や岡山のテレビ局やラジオ局の方とお話ししましたが、昔に比べると、地元企業の広告が減っているとのこと。
 ぜひ、ローカル情報をたくさん持っていらしゃるメディアの方々に、「iコンシェル」や「iウィジェット」を上手にご活用いただき、地元産業を活性化していただきたいと、お話ししました。
D2Cは、「メッセージF」等で、最大限、応援させていただくつもりです。

(下は高松港、上の高松駅と目の鼻の先です)
Photo_8

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

2010新卒採用スペシャルコンテンツ開始

L_7  D2Cの新卒採用チームが、面白いコンテンツを立ち上げました。

 簡単なFlashのゲームになっています。

 時間内に全員のコンテンツにアクセスできると、スペシャルな画面(結構、楽しいです)が登場します。

 どなたでもチャレンジできますので、2010年3月卒業見込みで無い方も、こちらから、ぜひチャレンジしてください。

 (2010年新卒採用に関しては、こちらからエントリーを受付中です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

「iアバター」で新しいモバイルマーケティングを

 11月5日、NTTドコモの新しい携帯電話の製品ラインナップが発表されました。
 (NTTドコモのホームページ

 あわせて、D2Cでは、待ちキャラ(待受画面に登場するキャラクター)、様々なモバイルサイト(RPGの主人公など)、デコメなどに展開可能な、アバター作成ツール等を提供するサービス「iアバター」をリリース(PDFファイル)させていただきました。

 サービス対象は、FOMAユーザーのほとんど(らくらくフォン等は非対象)なので、4千万人以上!
(デコメなどのアバター展開先については、お持ちの端末が対応していることが必要です)

 当然、広告・マーケティングでご活用いただけることも想定しています。

 11月中旬の開始まで、しばらくお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »