« 第23回折込広告全国大会にて講演 | トップページ | 新聞広告とモバイルとの楽しい関係/B’z新アルバム告知 »

2008年9月16日 (火)

社名・ブランド変更浸透にモバイル広告を活用/松下電器産業様

Photo  嬉しいニュースが飛び込んできました。

 今週の「日経ビジネス」の第一特集にもなった国民的関心事、松下電器産業様の社名変更とブランド統一のマーケティングに、「iMenuTOP広告」が活用されることになりました。

 ITmedia様の記事によると、10月1日のブランド変更を目前に控えた今日、実施された「Panasonicブランド」の白物家電の記者発表(数千人の記者が集合!)の場で、牛丸俊三副社長より、
 
 「パナソニックブランドへの変更を周知させるため、同社では「Hello! Panasonic」キャンペーンを展開する。六本木ヒルズの広告をジャックするほか、NTTドコモのiメニュー(iモードに接続すると最初に表示されるトップページ)をジャック、・・・」
 
と、ネット広告では唯一、モバイルの「iMenuTOP広告」が紹介されたそうです。

 社名やブランド変更と言えば、「当日に新聞広告」での告知が20世紀の常識でしたが、国民の半数近くが持つNTTドコモのポータルメニュー「iMenu」に広告を出して世の中に知らせることが、21世紀の新・常識になるのかもしれません。

 松下電器産業様が実施する「iMenuTOP広告」、どんなクリエイティブで登場するのか?
皆様、お楽しみにお待ちください!

|

« 第23回折込広告全国大会にて講演 | トップページ | 新聞広告とモバイルとの楽しい関係/B’z新アルバム告知 »

① モバイルマーケティング」カテゴリの記事

⑦ 掲載・放送・展示」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220361/42515017

この記事へのトラックバック一覧です: 社名・ブランド変更浸透にモバイル広告を活用/松下電器産業様:

« 第23回折込広告全国大会にて講演 | トップページ | 新聞広告とモバイルとの楽しい関係/B’z新アルバム告知 »