« モバイル広告大賞レポート/「黒の宣伝会議」8月1日号 | トップページ | 創造主の机 »

2008年8月 4日 (月)

最初に受ける研修

 我々ネット業界は、盆暮れ関係なく忙しいです。
そこで、D2Cでは夏期一斉休暇のようなものはなく、7~9月に1~2週間の夏休みを交代で取っていきます。

 さて8月は、「社内向けのイベント」が充実するタイミングでもあります。
 理由は、8月なら講師をしていただける方に余裕があり、社内外の研修用の場所も取りやすいから。
(一例ですが、毎年8月に社内で実施している「サマーセミナー」については、こちら

 そこで本ブログでは、8月の1ヶ月間にかけて行われる、様々な社内イベントを集中的にお伝えしていきます。
----------------------------------------------
Photo   第一弾は、本日行われた「D2Cに合流した人が最初に受ける研修」をご紹介します。
 タイトルは、D2Cが創ってきたもの」~入社時に理解しておいて欲しいこと~
 会社創業から今日までの間、D2Cが何を大切にし、どこに力を集中してきたのかを、私から伝えています。

 ここでは、コンテンツのタイトルだけをご紹介します。
----------------------------------
1.創業時から注力し、大切にしてきたつのこと

 ①広告主と生活者のニーズを同時に満たすこと → 市場を創る
 ②広報宣伝 → まずは先人の真似から
 ③働きやすいオフィス → 1日で一番長く過ごす場所だから
 ④ルールを決める立場 → 誰より深く考えれば皆が認めるものになる
 ⑤安定運用 → 手順を守るとは、自分を守ること
 ⑥コミュニケーション → 「会議が多い」はNG「会話が多い」はOK
 ⑦記念日・区切り・節目 → 先を読んで構想を持つ
 ⑧事業シナジー → 同期のつながりを大切に

2.皆さんに期待する4つのこと

 ①永遠はない → 好不調、ルール
 ②提案しよう → EVブリーフィング
 ③オーソリティ → 自分の意見(直感)を大切に
 ④時間を売るな → スキルを売れ
-----------------------------------
 以上、全部で1時間30分のボリュームです。

 この研修を、毎月新しく合流するメンバーがいれば、毎月実施しています。
 同じ内容の繰り返しですから「ビデオ」に録って流すことも考えましたが、聞く側にとっては「たった1回きり」となる最初の研修。
 だから、「ライブ」にこだわり、愚直に毎月繰り返して、実施しています。

 また、この研修に限らずほとんどの研修は、D2Cに席を置くメンバー全員を対象としています。
 ですから、社員・契約社員・派遣されている方・常駐してくださる方・出向してくださる方など、D2Cにいる全員が、「一番最初に同じ話を聞いてスタートする」わけです。
 毎日D2Cに出社し、皆一緒になって働くわけですから、この会社が何を大事にしているかを全員に知ってもらうことは、当たり前だと考えています。

 さて、この研修、ついつい力が入って、時間が予定の1時間30分を越えることも。
 (今日も気づけば2分オーバーでした)
 聞いている方も大変ですよね。 あはは・・・。(深く反省)

|

« モバイル広告大賞レポート/「黒の宣伝会議」8月1日号 | トップページ | 創造主の机 »

③ 社内イベント・社内風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220361/40017135

この記事へのトラックバック一覧です: 最初に受ける研修:

« モバイル広告大賞レポート/「黒の宣伝会議」8月1日号 | トップページ | 創造主の机 »