« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の24件の記事

2008年8月29日 (金)

担当部長・部長ランチMTG

 6月にご紹介した「個人面談」は、管理職のメンバーは対象にしていません。

 各事業のトップである本部長とは、毎週2時間にもおよぶ「経営会議」と、四半期に一度の「オフサイトミーティング」という名の合宿(過去の記事)を通じて、濃密な時間を共有しています。

 そして、中間管理職のメンバーとは、四半期に一度、「ランチミーティング」を開催して、2時間弱の濃密な時間をを共有しています。

 ミーティングの参加人数は、短時間で活発なディスカッションが行える最大人数である5人(私含む)になるよう7回に実施を分け、四半期の真ん中の月に集中的に実施しています。
 顔合わせは毎回バラバラで、普段会話をしている同じ部署のメンバー同士は一緒にならないよう配慮しています。

 ディスカッションのテーマは、その時の旬の課題になるように、参加者から事前公募しています。
 かつてはビジネス上の課題が多かったですが、最近はマネジメント上の課題が多くなりました。
 毎回、出席メンバーが、自分の悩みや経験・体験、チャレンジの成功・失敗を語り合い、それぞれの持ち場で活用できるヒントを掴むことをゴールとしています。

 進め方も回を重ねる度に進化しており、最初は私がファシリテート(司会進行役)をしていましたが、今では出席者自身がファシリテート役を行い、私は書記役(ホワイトボードに論点を書いて整理する役)に徹しています。

 また、自分が出席していないミーティングでのディスカッションが気になるでしょうから、最後にまとめたものを共有しています。

-----------------------------------------------------------
 さて、8月は「社内イベント紹介強化月間」(過去の記事)として、様々なイベントをお伝えしてきました。
 1ヶ月経つのは、本当にあっという間。
 D2Cには、他にも社内イベントがたくさんありますので、追々お伝えしたていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

もう一つの必修研修/アクティブ・コミュニケーション研修

Photo  D2Cで毎日働く人が全員受講する研修として、以前、入社時研修をご紹介しました

 実は、全員が受講する研修が、もう一つあります。半期に一度の行われるその研修が、本日実施されました。

 その名は、「アクティブ・コミュニケーション研修(基礎編)」です。

 サブタイトルは、「ビジネス上の人間関係を活性化させるコミュニケーションスキル」。

 どんな仕事も、一人では何もできません。必ず社内外の仲間とコミュニケーションを伴います。そして、コミュニケーション次第で、上手くいく仕事もダメになるし、難しい仕事も上手くいったりする。

 ですので、コミュニケーションスキルを修得してもらい、「コミュニケーション上手は、仕事上手で、生き方上手」な人になってもらおうという訳です。 

 だから、この研修も、受講にあたって雇用形態や原籍の制限なく、全員が受講します。
 社内でコミュニケーションする仲間同士ですから、当たり前ですよね。

 さて、受講後の感想を聞くと、みんな口を揃えて「こんな楽しい研修は初めて!」「最初から最後まで研修という感じがしなかった」と答えます。

 この理由は、講師がプロのビジネスコーチだから。
 その人の名は、ビジネスコーチ社のパートナー講師である泉一也氏(ウィルビジョン社長)。
 私のプレゼンテーションの師匠でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

「逆クロスメディア」が示すこと/日経ネットマーケティング9月号

9_3  本日、日経BP様が出版されている「日経ネットマーケティング」9月号が発売になりました。
 連載コラムは、8ページに掲載されています。

 タイトルは、「逆クロスメディア」が示すこと~21世紀のマーケッターの3条件~。

 このブログや講演でお馴染みとなっている主張を、まだ本コラムではご紹介していなかったので、まとめてみました。

 (「逆クロスメディア」に関する 記事① 、 記事②
 
 (「21世紀のマーケターの条件」に関する記事

--------------------------------------
Photo  さて、今月号の特集は、「クチコミ爆発の条件」。

 様々な成功事例が出てきますが、モバイル分野では、このブログでもご紹介した「セブン-イレブン」様と「モバゲータウン」「ヤッターマン」のタイアップ事例が紹介されています。

 2週間で200万アイテムの配付(=生活者による積極的な行動)という数字の巨大さは、他のページで紹介されるPCサイトでの事例の存在をかすめてしまいそうです。

日経ネットマーケティング9月号を、ぜひご覧ください。
9_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

アドバタイムズに登場/サマーセミナー無事終了

Photo_2  宣伝会議様が毎週水曜日に発行されている広告業界紙「アドバタイムズ」。

 最新号に、D2Cのメンバー岡勇基が、営業のオーソリティとして登場しています。

 営業チーフとしてチームを持って以来、目標売上をずっと達成し続けている岡ですが、実は前職は住宅メーカの営業と、広告関係の知識ゼロで、D2Cに参加しました。

 かつて「個人面談」の際、彼から聞いた「営業は、どんな商品でも売れなければならない」という姿勢と自信は、まさに営業のオーソリティです。

 
 
 本ブログ読者の方で、

①D2Cが社会に提供していることに共感し、
 (「モバイルを加えてマーケティングを21世紀型に変える」 こちらもどうぞ)

②D2Cが創ろうとしている世界に創る側で携わりたいと思い、
 (「モバイルが企業のマーケティングと生活者のライフスタイルをスマートにする」)

D2Cが大事にしていることを、同じように大事に思える方でしたら、

前職に関係なく、こちらまでぜひコンタクトしてください。

-----------------------------------------------------

2008  オーソリティと言えば、D2Cのオーソリティ19名が社内向けに講演をした「サマーセミナー2008」、全10講座が昨日、終了しました。
(以前紹介した記事はこちら、 サマーセミナー2007はこちら

 聴講人数はのべ259名。現在のメンバー数が230名ですから、平均すると自分の関心のある講座を1講座は聞いたことになります。

 次回は、オーソリティとして誰が登壇するのか・・・? 1年後が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サントリー様/モバイル広告大賞贈賞ツアー⑧

Photo_2  昨日午後、D2C主催の「第7回モバイル広告大賞」キャンペーンサイト部門入賞のサントリー様に伺いました。  

 トロフィーと表彰状を受け取られたのは、宣伝部の牧野清克課長と、吉永冬美様。 

 サントリー様は、「モバイル広告大賞」の第2回、第3回、第5回、第6回、そして今回の第7回と、7回のうち5回受賞されている最多受賞企業です。

 モバイルでは、ソフトドリンクのブランド別に、ターゲット含有率の高い有力サイトとのタイアップを進めていらっしゃいます。

 さらに、ソフトドリンクポータルサイトの「ガブガブ」モバイル版を拡充されました。
FLASHを多用し、デジタルコンテンツも充実、もちろんTVCMを見ることができる、充実したブランド体験サイトとなっています。
 (PCネット版はこちら、モバイルサイトへのアクセス方法はこちら

 様々な手法を展開されているモバイルマーケティングに対して、かなりの手応えを感じていらっしゃいました。

------------------------------------------------

 さて、今年の受賞企業15社を訪問する「モバイル広告大賞贈賞ツアー」も、サントリー様で8社目。折り返しに突入しました。
 トロフィーの到着を首を長くしてお待ちいただいている受賞企業の皆様、まもなくお伺いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

ソニーマーケティング様/モバイル広告大賞贈賞ツアー⑦

Photo  本日午前、D2Cが主催する「第7回モバイル広告大賞」マーケティング部門に入賞されたソニーマーケティング様に伺いました。

 トロフィーと賞状を受け取られたのは、広告宣伝部門広報宣伝部渡辺智秋統括部長、小松利英統括課長。それに、写真撮影後に駆けつけていただいた鶴田真貴様でした。

 受賞作品は、TIAA(東京インタラクティブアワード/JIAA主催)やカンヌ広告賞等、世界中のアワードを受賞されている「REC YOU」です。
 手軽なインタラクティブメディアである「モバイル」を出発点として、様々なメディアに拡散した後、新"Walkman"に帰着する、しっかりとしたブランド体験のストーリーが、高く評価されました。

 D2Cでは、モバイルサイトのお手伝いをさせていただいたので、この企画が「モバイル広告大賞」審査員に選ばれ、D2Cも嬉しいのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

モバイル広告大賞のトロフィー

Photo_4

Photo_5

 本ブログでもご紹介しているとおり、現在「モバイル広告大賞」贈賞ツアーの真っ最中です。
 受賞企業に伺いすると、必ず聞かれることがあります。

「このトロフィーの作者は、どなたですか?」

 答えは、「靍田詩子」(つるたうたこ)さん。

 主にスイスで活動をされているステンドグラス等、ガラスを使った彫刻を得意とする方です。
 ちなみに、お父様も彫刻家の靍田清二氏。
国営昭和記念公園には、「花咲く頃」とタイトルされた女性像があります。

 さて、このトロフィーですが、ガラスで「人」という字を象っています。
 生活者の24時間30cm以内に存在する「モバイル」を上手に活用した広告・マーケティングを表彰する賞だから、「人」をテーマにデザインしていただきました。

 そして、何と一つ一つ手作りなのです。
丹精こめられたこの力作。受賞された皆様、どうか末永くかわいがってやって下さい。

 「オレンジのガラス」(上の写真の左側)が「優秀賞」のトロフィー、「ブルー」(右側)が「入賞」のトロフィーで、大きさが違います。

 では、今回該当無しだった「グランプリ」のトロフィーは、どんなカラーで、どんな大きさなのか?

 初代グランプリの栄冠を勝ち取る方は、どなたでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リクルート様/モバイル広告大賞贈賞ツアー⑥

Photo  本日、D2C主催「第7回モバイル広告大賞」アド・クリエーティブ部門で「優秀賞」を受賞されたリクルート様にお伺いしました。

 トロフィーと賞状を受け取られたのは、街の生活情報カンパニーの上手亮様、一川立裕様、インターネットマーケティング局の根岸靖治様、池内優嗣様です。

 無料TV番組表アプリのGGMの広告スペースを1日ジャックする「マルチパネル広告」において、ストーリーマンガを展開するという新しい試みが、審査員の方々から高く評価されました。
 ちなみに、結果も出たそうです。

 (受賞作の紹介はこちらのPDFをご覧ください)

 (GGM「マルチパネル」広告についての記事① 、 記事② )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

デジマース様/モバイル広告大賞贈賞ツアー⑤

Photo_2  一段と暑くなった今日、デジマース様にお伺いしました。
 「第7回モバイル広告大賞」において、最激戦区(応募作品は100を越えます!)である「アド・クリエーティブ部門」において、コンテンツプロバイダー様としては唯一の受賞企業です。

 トロフィーを受け取られたのは、石川達絵社長、花岡晃浩取締役、小池秀忠様、明石大介様、武内英門様、根本敬四郎様。

 限られたファイル容量内で、興味・関心を生じさせたデジマース様のピクチャー広告には、グラフィックのプロである審査員の方々も、思わず唸ったほどです。
(詳細は、こちらのPDFからご覧ください)

 デジマース様にとって、念願の「モバイル広告大賞」初受賞!
 特に、受賞作のピクチャー広告はデジマース様ご自身が作成されたこともあり、たいへん喜んでいただきました。

 D2Cにとっても、このモバイル広告大賞を世界に先駆け立ち上げ、また、継続してきてよかったと感じる瞬間です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「次世代広告夜会」が開催されます

Agency2_2_2

 
   

   

  

 

  

  

   

  

 9月2日(火)の19時から、「次世代広告夜会」と銘打った、「次世代広告コミュニケーションの勉強会&交流会」が開催されます。

 その中で、いくつか講演が予定されており、ADKインタラクティブの横山隆治社長や、博報堂の須田和博氏とともに、私も講師として登壇し、「ケータイプレゼン」を披露させていただく予定です。
 講演タイトルは、「世界に誇る日本のモバイルマーケティング」です。

 仕掛け人の株式会社オリコムIS局の武富正人局長によると、「次世代コミュニケーションとは何か?ビール片手に(真剣に?)語らいましょう!」ということですので、皆さんもお気軽にご参加下さい。

 このイベント、来年秋に日本初開催が企画されている「ad:tech」を予感させるイベントとなっており、ad:techサンフランシスコで開催されたパネルディスカッションのVTRが流されたり、アジア・パシフィック担当VBのポール・ベクリー氏が参加するそうです。

 参加の申し込みは、こちらのサイトからお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月18日 (月)

全日本空輸様/モバイル広告大賞贈賞ツアー④

Ana  本日午前,、「第7回モバイル広告大賞」のアド・クリエーティブ部門で入賞された全日空様に伺いし、営業推進本部WEB販売部の服部啓隆部長、山田恭子様、峯岸麻衣子様にトロフィーと賞状をお渡ししました。

 北京オリンピック開催中ということで、全日空様の受付フロアには、様々な競技の代表選手がサインしたユニフォームが飾られていました。
 また、上の写真の背景にあるボーイング777の主翼の上には、日本選手団が獲得した数の「金メダル」(訪問時点で8個)が載せられていました。

 搭乗した選手達を応援する気持ちと、 競技に集中できるよう安全かつ快適に運ぶ企業としての誇りを十分に感じることができました。

 トロフィーを受け取っていただいた服部部長は、卓球の福原愛選手が中国リーグに参戦していた時に、中国に赴任されていたそうです。
 全日空様が福原選手をサポートする中で、家族ぐるみのお付き合いをされていたとのことで、素敵なエピソードをいくつかご披露いただきました。

 福原選手、団体ではあと一歩のところで銅メダルを逃してしまい残念でしたが、これから始まる個人でぜひ頑張って欲しいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

オレンジの象/祝!汐留移転4周年

PhotoPhoto_2 4年前の2004年8月16日に、D2Cは創業の地銀座から、現在の汐留へ移転しました。

 その銀座オフィスの受付(エレベータの前に電話を置いた棚があるだけでした)で、お客様をお迎えしていたのが、この「オレンジの象」です。
 (クリスマス前の時期だったので、「天使の羽」をつけています)

 この象は、2002年にタイに出張した際にオレンジ(D2Cのコーポレートカラー)が色鮮やかだったので買ってきました。(「JIM THOMPSON」製)
 そういえば昔は、出張先のシンボルを皆で買ってきて並べよう!なんてと言っていましたっけ・・・。

Photo_3Photo_4   その後、汐留に連れて行きましたが、何度かのレイアウト変更を重ねるうちに、見当たらなくなりました。

 でも、きっとどこかで、D2Cの成長を見守ってくれていると思います。

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

「モバイル・マーケティング」研究会の詳細決定/日本マーケティング協会(JMA)

 先日記事にしたばかりで恐縮ですが、4年目を迎える「モバイル・マーケティング」研究会の詳細が決定しました。

 コーディネーターは、
 ㈱電通ネットイヤーアビーム 及川直彦 社長、
 ㈱ディーツー コミュニケーションズ 営業副本部長兼広報宣伝部長 篠崎功 、そして私の3名。

 アドバイザーは、
 早稲田大学 商学学術院 恩蔵直人 教授、
 明治学院大学 経済学部 小野譲司 准教授、
 ㈱ビデオリサーチインタラクティブ 荻野欣之 社長の3名と従来と同じ顔ぶれ。

 毎回素晴らしいゲストをお迎えして、最先端のテーマをディスカッションして参ります。

 リニューアルした日本マーケティング協会のホームページに、詳細な掲載されています。
(10月9日のオープニング・セミナーは、こちら/10月28日スタートの全6回の研究会は、こちら

 様々な業種/業態からの、ご参加をお待ちしております!

(昨年の研究会の模様①模様②

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

オピニオン32/これから来る大波/2008.08

Ddn0808_2   DD&Nは、弊社発行のモバイルマーケティング業界紙です。
(おそらく世界唯一の定期発行&世界最大の部数です)
 昨日、最新号が発行されましたが、お手元に届きましたでしょうか?

 恒例ですが、私が担当コラム「オピニオン」を紙面と同時に、本ブログでも紹介します。
(バックナンバーは、こちら

 今回の内容は、7月17日に行った「D2Cモバイルマーケティングセミナー」冒頭のご挨拶でご紹介した話を文章にまとめたものです。(その時の模様を伝える記事は、こちら

 

 予想通りとなれば、来年から2年おきに大きな波がやってきます。楽しみです!

----------------------

「これから来る大波」

●7年後の予測

630日、(社)日本民間放送連盟(以下、民放連)の研究所が、2015年における媒体別広告費の予測を公開した。2015年というと遠い先のようだが、わずか7年後の話である。
そこで、2015年までの変化の割合を一定にして、年ごとの推移をグラフに書いてみた。

続きを読む "オピニオン32/これから来る大波/2008.08"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

「サマーセミナー2008」スタート/社内MVPとは

2008  今年のサマーセミナーが、本日から始まります。
(サマーセミナーの主旨と昨年の模様は、こちら

 7回目となる今回から、社内の人に講師をやってもらうことにしました。
D2Cメンバーが目指す理想像は、それぞれの分野でのオーソリティ(権威者ではなく、第一人者というニュアンスが近いです)。
 (オーソリティについて触れた記事は、こちら

 230人の異なるバックボーン(前職までで身につけた知識と経験)が、世界をリードする職場環境と業務内容を触媒にして、どのようなオーソリティとして開花したのか?

Photo_2  まず今年は、男性12名、女性7名がサマーセミナーの壇上に立ちます。
 素晴らしい社外講師の方々に講義をしていただいた昨年までのサマーセミナー以上に、楽しみです。
-----------------------------------------------
 第一日目の今日は、2007年度上期と下期のMVPが登場し、仕事観を話します。
2002年度から始まったこの社内MVP制度は、当初は年間MVPを選出していましたが、2006年度から半期毎で選出しています。

 MVPに選ばれる条件は、「D2Cメンバーとして相応しい仕事をすること」。
 つまり、各人が担当するそれぞれの分野において、オーソリティとして社内外の誰もが認める仕事をした人。
そして、業績の素晴らしさだけでなく、その際の仕事の進め方や、社内外とのコミュニケーションなど、「社内外の人間が、一人の社会人として、どれだけ尊敬できるか」という点も条件に加わります。

 だから、「こんな仕事できて当然」と思っていたらMVPに選ばれキョトンとしていると、周囲のメンバーは「選ばれて当然」と思っている。
 そんなケースがよくあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

中央酪農協議会様/モバイル広告大賞贈賞ツアー③

Photo  本日は、(社)中央酪農会議にお邪魔し、前田浩史事務局長、酪農理解促進室の大崎修嗣様に、トロフィーと賞状をお渡しいたしました。

 皆様ご存じの「牛乳に相談だ。」キャンペーンで、「モバイル広告大賞」のキャンペーン部門優秀賞を受賞されました。
 前田事務局長には、D2Cが第7回にして初めて作成した「モバ大公式パンフレット」の座談会ページにもご登場いただきました。ありがとうございました。

 今日も暑い1日でししたが、お伺いした時に出していただいた冷たい飲み物が、「牛乳」でした。
 当たり前と言えば、当たり前なのかもしれませんが、嬉しくて一気に飲んでしまいました。
 美味しかったです!

 その際、「美味しい牛乳を飲むコツ」を教わりましたので、ご紹介します。
 紙パックの牛乳は、周囲の食品の匂いなどの成分を吸収してしまうので、ベストは牛乳専用冷蔵庫を用意することだそうです。
 (味との因果関係が証明されているわけではないとのことですが・・・)

 私には、実行することは難しいので、開封した紙パックはキッチリ閉じるか、蓋がキチンと閉まるプラボトルや瓶の牛乳を買うようにしたいと思います。
 そして、旅行で牧場に行って、絞りたての牛乳を飲みたいと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

社内報「D2心」に新コーナー

D2 平均年齢30才、男女比6:4、200人を超えるメンバーが集まるD2C

 お年頃ということもあり、昨年から結婚ラッシュ、そして赤ちゃん誕生ラッシュとなっています。

 「プライベートが充実すれば、仕事も充実する」こと、そして、「D2Cメンバーの成長の総和が、D2Cの成長」であることを考えると、とても嬉しいことです。
 (おかげで私のお財布は、どんどん軽くなりますが・・・)

 この結婚ラッシュと赤ちゃん誕生ラッシュ、私が聞いている話では、まだまだ続きます!
 つまり、D2Cの急成長もまだまだ続きそうです!

D2_2  そんな動向をしっかりキャッチしたのが、D2Cの社内報「D2心(でぃーつーしん)」。
 最新号(7月末発行号)から、メンバーの結婚と赤ちゃんの誕生を伝える新コーナーがスタートしました!

 この「D2心」は、ネーミングやタイトルロゴの考案、そして企画・取材・ライティングといったコンテンツ作成も、全て社内でワイワイ楽しみながら作っています。
 (以前、「D2心」を紹介した記事は、こちら

 作り手が楽しんでいれば、それは受け手にも必ず伝わるもの。
だから、メンバー全員が、毎号発行されるのを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる競技を見逃すな!/GGMで期間限定サービス開始

Tv  いよいよ明日、21時08分、北京オリンピックが開幕します。
先行して一部の競技も始まり、どんどん盛り上がっていきそうです。

 そこで、無料テレビ番組表サービス「GGM」(Gガイドモバイル)では、気になる競技の放送直前にメールが届くサービス「競技!オンエア直前.TVメール」
(「きょうぎ おんえあ ちょくぜん どっと てぃーびー めーる」と読みます)
を期間限定サービスとして開始しました。 

 iモードの方は、iボタン→iMenu→週刊iガイド→北京五輪特集ページに行っていただき、一番下のところに、GGM紹介サイトへの入口があるので、進んでいただくと、メール登録ができます。
 好きな競技を複数選択してご登録できますので、ぜひご活用ください。

 さて、この「GGM」は、D2CiPGの共同プロジェクトで、3キャリア合計で2,774万人もの方が利用登録しているギネス級モバイルアプリケーションです。
 (2,000万人突破時の記事は、こちら
 お手持ちのHDR(ハードディスクレコーダー)の対応機種に対して、リモート録画予約サービスを無料でご提供しています。
 (この機能をご紹介した記事は、こちら

 すなわち、気になる競技の放送前にメールが来たけれどTVが見られないときには、リモート録画予約をすれば、見逃しは完璧にナシ!なのです。

 なお、このサービスの土台となっている「.TVメール」サービスは、気になるキーワード(人名や企業名、テーマなど)を登録しておくと、本日放送予定の関連番組をリストアップして、朝9時頃にメールで知らせてくれます。
 こちらのサービスも、先ほどご紹介した画面から登録できますので、ぜひご活用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

戦略共有ミーティング

Photo_2  先週金曜日の午前、D2Cの営業部門が全員、社内のセミナールームに集結しました。 

 下期にD2Cが取り組む「大型プロジェクト」について、2回目となる戦略共有MTGを行いました。

 「大型プロジェクト」とは何かって?
もう皆さんご存じの「あの件」、「例の件」です。

 このようにD2Cでは、年に4回の全体会議だけでなく、何かあればスグ集まって、必要ならば何度でも集まって、戦略の方向性を共有します。
 そして、各チームの戦術に、さらに個々のアクションプランに落とし込んでいきます。

 ですからD2Cは、他の会社と比べると、会議がやや多い会社なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワーナー エンターテイメント ジャパン様/モバイル広告大賞贈賞ツアー②

Photo_4  昨日、夕方の豪雨の中、「ワーナー エンターテイメント ジャパン」様にお伺いしました。
 映画「300」のモバイル告知企画が、第7回「モバイル広告大賞」のキャンペーン部門に入賞されました。

 マーケティング本部 メディア&リサーチ スーパーバイザーの鈴木剛様に、トロフィーと賞状をお渡ししました。

 受賞キャンペーンは、「R25式モバイル」上で展開されたタイアップ企画。
 映画のタイトル「300」をフックにM1層に関心をもってもらおうと、300ページに渡って連続するコンテンツを用意されました。

 結果を知るために最後までたどり着きたいモバイルユーザーと、ワーナー様+R25式モバイル様との真剣勝負によって、ユーザーのエンゲージメントが生み出された点が、審査員の方々から高く評価されました。

 映画「300」も、周囲から驚かれる公開週末観客動員を記録したことで、20世紀から続く「映画界のマーケティングの定石」に一石を投じた企画と、鈴木様自身も高い評価をされておりました。

 まさに、「20世紀の常識・定石は、21世紀の非常識・非定石」。
それぞれの業界で、新世紀に相応しい「新しいマーケティングの常識・定石」が、生まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

ゴディバ ジャパン 様/モバイル広告大賞贈賞ツアー①

Photo_3  雷鳴とともに、今年の「モバイル広告大賞」贈賞ツアーがスタートしました。

 最初の訪問先は、「アド・クリエイティブ部門」入賞の「ゴディバ ジャパン」様。
 マーケティング部の山田芳一ディレクター、埋田麻衣マネジャーに、トロフィーと賞状をお渡ししてきました。

 今回、D2C「とくするメニュー」上で展開された、新商品「ショコイスト」のクリエイティブで、受賞されています。
(「ショコイスト」新発売時のマーケティング展開については、こちら

 ゴディバ様のモバイルマーケティングに対する評価は高く、新発売はもちろん、季節展開(バレンタインデーやホワイトデー、さらに夏ならアイス)も、積極的に実施されています。

 オフィスは、入口に敷かれた石畳と、それを囲むフローリング、さらに白いタイルの壁と、とてもオシャレでした。
---------------------------------------------------
 今回、受賞対象広告が展開された「とくするメニュー」ですが、実はメジャーなモバイル媒体の中で、広告のFlash容量が最も大きい(=印象的なCRが実施できる)媒体です。

 ちょうど今週、バンダイネットワーク様が「ワンピースRPG2~サウザンドワールド」を展開されています。
ぜひ、ご覧ください。
(その他の実施事例は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創造主の机

Photo  D2Cのシンボルの一つに「創造主の机」があります。

 私がオフィスにいるときは、その「創造主の机」の片隅に座らせてもらっています。
この机はオフィスの中にポツンと置かれており、社内見学コースでは皆さんに驚いていただくポイントの一つになっています。
(関連する過去の記事はこちら

 そんな「創造主の机」ですが、D2Cの人でも誤解している点が2つあるので、この機会にキチンとご説明したいと思います。
-----------------------------------------
誤解① 「創造主」って、誰のこと?
答え① D2Cメンバー全員です。決して私のことではありません。

【解説】「創造主の机」が担う機能は、「情報共有」と「情報発信」です。
 D2Cメンバーが手がけた仕事、関係した出来事をこの机の上に並べてあり、それを見たD2Cメンバーは、社外でお客様との会話の話題にします。
 「世の中のマーケティングを変える出来事・情報がこの机に集まり、この机から世界に向けて発信される」
 そんなイメージです。ですから、創造主とはD2Cメンバー全員のことです。
--------------------------------------------
誤解② 「創造主の机」って、誰の机?
答え② メンバーが使う「打合せテーブル」です。私の机ではありません。

【解説】「創造主の机」には、マーケティングの世界を変えるパワーを秘めた仕事や出来事が並べられます。
 私は、そのエネルギーをもらうため、D2Cにいるときは、この机に座らせてもらっているのです。
 ですから、私が帰宅する時には、私物を置かずにキレイにして帰ります。
 また、社内の打合せがあれば、その机でやります。
 さらに、私が出張や休暇など、数時間以上席に座らない場合には、社内の打合せが行われています。
 机に置いてある最新の雑誌や資料を、座って読んでいる人もいます。
 もともと「社内の打合せテーブル」ですから、それで良いのです。(最大7名まで打合せ可能)
----------------------------------------

 ご興味のある方、ぜひ一度見学にいらしてください。ご案内いたします。お申し込みはこちらまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

最初に受ける研修

 我々ネット業界は、盆暮れ関係なく忙しいです。
そこで、D2Cでは夏期一斉休暇のようなものはなく、7~9月に1~2週間の夏休みを交代で取っていきます。

 さて8月は、「社内向けのイベント」が充実するタイミングでもあります。
 理由は、8月なら講師をしていただける方に余裕があり、社内外の研修用の場所も取りやすいから。
(一例ですが、毎年8月に社内で実施している「サマーセミナー」については、こちら

 そこで本ブログでは、8月の1ヶ月間にかけて行われる、様々な社内イベントを集中的にお伝えしていきます。
----------------------------------------------
Photo   第一弾は、本日行われた「D2Cに合流した人が最初に受ける研修」をご紹介します。
 タイトルは、D2Cが創ってきたもの」~入社時に理解しておいて欲しいこと~
 会社創業から今日までの間、D2Cが何を大切にし、どこに力を集中してきたのかを、私から伝えています。

 ここでは、コンテンツのタイトルだけをご紹介します。
----------------------------------
1.創業時から注力し、大切にしてきたつのこと

 ①広告主と生活者のニーズを同時に満たすこと → 市場を創る
 ②広報宣伝 → まずは先人の真似から
 ③働きやすいオフィス → 1日で一番長く過ごす場所だから
 ④ルールを決める立場 → 誰より深く考えれば皆が認めるものになる
 ⑤安定運用 → 手順を守るとは、自分を守ること
 ⑥コミュニケーション → 「会議が多い」はNG「会話が多い」はOK
 ⑦記念日・区切り・節目 → 先を読んで構想を持つ
 ⑧事業シナジー → 同期のつながりを大切に

2.皆さんに期待する4つのこと

 ①永遠はない → 好不調、ルール
 ②提案しよう → EVブリーフィング
 ③オーソリティ → 自分の意見(直感)を大切に
 ④時間を売るな → スキルを売れ
-----------------------------------
 以上、全部で1時間30分のボリュームです。

 この研修を、毎月新しく合流するメンバーがいれば、毎月実施しています。
 同じ内容の繰り返しですから「ビデオ」に録って流すことも考えましたが、聞く側にとっては「たった1回きり」となる最初の研修。
 だから、「ライブ」にこだわり、愚直に毎月繰り返して、実施しています。

 また、この研修に限らずほとんどの研修は、D2Cに席を置くメンバー全員を対象としています。
 ですから、社員・契約社員・派遣されている方・常駐してくださる方・出向してくださる方など、D2Cにいる全員が、「一番最初に同じ話を聞いてスタートする」わけです。
 毎日D2Cに出社し、皆一緒になって働くわけですから、この会社が何を大事にしているかを全員に知ってもらうことは、当たり前だと考えています。

 さて、この研修、ついつい力が入って、時間が予定の1時間30分を越えることも。
 (今日も気づけば2分オーバーでした)
 聞いている方も大変ですよね。 あはは・・・。(深く反省)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

モバイル広告大賞レポート/「黒の宣伝会議」8月1日号

0801_2  本日発売の「黒の宣伝会議」の70~73ページに、D2Cが主催する世界で最も歴史の長いモバイル専門の広告賞、「第7回モバイル広告大賞」のレビューが紹介されています。

0801_3  受賞作品の紹介に加え、選考委員の皆様の講評や、7月17日に行われた贈賞式の模様が紹介されています。

 0801

 「黒の宣伝会議」をぜひ、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »