« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の16件の記事

2008年7月30日 (水)

ワイヤレスジャパン2008(w/Mobile)講演終了/「モバイルマーケティング研究会」2008始まります

Wmobile2008  ちょうど1週間前の7月23日(水)、ワイヤレスジャパン2008のコンファレンス「モバイルマーケティング最前線」で、講演をしてきました。(「ケータイプレゼン」含む)

 今回の講演より、D2Cが主催する「モバイル広告大賞」の最新(第7回)受賞作を解説するパートを加えています。

 すなわち、講演の前半で、「PCと全く違うモバイルのマーケティング活用法」を理解していただき、講演の後半では、「モバイルならではのマーケティング」の具体例をご紹介しています。

 しばらく講演は、このパターンでやっていこうと思います。

-------------------------------------------------
 さて、このコンファレンスのトラック「モバイルマーケティング最前線」は、日本マーケティング協会(JMA)の全面協力で成り立っています。
 そこで、私の講演の最後に、JMAのPRをさせてもらいました。
 本ブログの読者の皆様にも参考になると思いますので、本ブログでもPRさせていただきます。

 今年も、JMA「マーケティング研究開発プロジェクト」の一環として、「モバイル・マーケティング」研究会を開催します。
 2005年から数えて4回目となる今回も、最先端のテーマについて、皆様とディスカッションを進めて参ります。
 (昨年の研究会に関する記事①記事②

 ご関心のある方は、まずは10月9日(木)14時30分から開催される「オープニングセミナー」にご出席いただき、その後に半年間開催される研究会(6回)にご参加されるかをご検討ください。
こちらのリンク先には、9月開始予定とありますが、10月開始です)

 今年は、今までとは違った切り口のセミナーを、JMAにおいて、別に開催する予定です。
 どちらも、詳細が決まり次第、また本ブログでご紹介いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

「ケータイプレゼンのススメ」/日経ネットマーケティング8月号

8  毎月25日に発売される「日経ネットマーケティング」の最新号が届きました。

 連載中のコラム「ケータイ時流潮流」は、9ページに掲載されています。

 今回のタイトルは、「ケータイプレゼンのススメ」。

  6月17日に行われた「Mobile Marketing Conference2008」(MMC2008)にて、「ケータイプレゼン」を実施して、気がついたことをまとめています。

8_3  また、「MMC2008」と「Net Markething Forum Spring 2008」の「報告記事」が、28~31ページと4ページに渡って掲載されています。

 
  当日の全ての講演の内容が、紹介されています。

8_4  

      さらに、65~80ページに、なんと16ページもの「誌面再録企画」が展開されています。
講演からワークショップの展示内容に至るまで、詳細に紹介されています。

 

 

 

 

 

 

 イベント当日参加された方はイベントで入手した情報の整理に、参加されなかった方は整理された情報の入手に、「日経ネットマーケティング」の8月号を、ぜひご覧ください。
8_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

「日経ビジネス」に掲載されています

Mmc  6月17日に無事終了した、「Mobile Marketing Conference2008」の基調講演の模様が、最新の「日経ビジネス」に掲載されています。

 来週28日(月)発売の「日経ビジネス」7月28日号の108~109ページをご覧ください。
 (定期購読の方は今日到着しています)

Photo  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

「海の日」に放送大学でオンエア

Photo 21日(月)16時〜16時45分、放送大学のラジオ(FM 77.1MHz)の方に登場します。
 (当日の番組表は、こちら

 恩蔵先生が主任講師を務める「マーケティング論」の最終回に、ゲスト出演するものです。
 (カリキュラムはこちらをご覧ください)

 45分間のどこに登場するかはわかりません(収録時間は5分ほど)が、祭日ですので、もしお暇でしたら、聞いて下さい。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「モバイルマーケティングセミナー」無事終了しました

080717  昨日開催されましたD2C主催「モバイルマーケティングセミナー」は無事終了しました。
 お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 冒頭の挨拶で行った「ケータイプレゼン」もノートラブルで終了しましたが、いかがだったでしょうか?

 お話しを要約すると、
----------------------------------
民放連が予測した2015年までの広告費変動を元に考えると、来年から2年おきに大きなトピックスがやってくる。
 ①来年・・・モバイル広告費が1,000億円突破
 ②3年後・・モバイル広告費がラジオを抜く
 ③5年後・・ネット広告費(PC+モバイル)が新聞を抜く
 ④7年後・・モバイル広告費が雑誌に追いつく
この動きに合わせて、今後、広告主宣伝部や広告会社の体制(リソース配分)は変わっていくだろう。
----------------------------------
 という内容でした。

 講演中にお約束した通り、プレゼンの中のグラフ部分をこちらからダウンロード(PDFファイル : 8/1 update !)していただけます。

 誤解の無いようお願いしたいのですが、私が予測している部分は「モバイル広告費は、2015年までに雑誌広告費に追いつつきたい!」というポイントだけです。
 それ以外は、民放連様やみずほコーポレート銀行様といった業界を代表される方が予測し発表したものです。
 決して「私が勝手に言っている」訳ではないので、ご引用の際はその点をよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

「モバイルマーケティングセミナー」は、明日です

Photo_5  D2Cが、年に2~3回実施しているお取引先を対象とした「モバイルマーケティングセミナー」が、明日午後開催されます。

 お陰様で、月曜日時点で769名の方から参加表明をいただいており、当日は800名を越えそうな雰囲気。
 ありがとうございます。

 今回の目玉は、「第7回モバイル広告大賞」の贈賞式と記念講演。
 記念講演は、味の素様にお願いしております。
 また今回は、解説パンフレット(冒頭の写真)を作成しました。
受賞作の解説、プランナーのインタビュー、過去6回の振り返り等、かなり充実した内容になっています。セミナー内で配付しますので、お楽しみに。

 さて私は、恒例となっている「開会のご挨拶」(というよりは、「ミニ講演」?)に登場し、例の「ケータイプレゼン」をご披露させていただく予定です。

 それでは、皆様のお越しをお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「PUMA×mixi」「Hangame」モバイルキャンペーン開始

Pumamixi1Pumamixi2_2  今週月曜日から、モバイルを活用したマーケティングキャンペーンが、2つスタートしましたので、ご紹介します。

 一つ目が、「プーマ ジャパン」様です。
 月曜日にmixi(モバイル版)の「あしあと」(訪問者履歴)を見ると、なんとあの「PUMAのロゴ」があるではないですか!
 「誰が来たんだ?」とクリックすると、mixiのマイページ風になったPUMAのスペシャルサイトが登場。
 自分のページをPUMAテイストにできる等、楽しい仕掛けが用意されています。

 実はこれ、mixi(PC版)ではやっていない、モバイル限定企画。ぜひmixiにモバイルでアクセスして、確かめてみてください。

1Photo_6  

 

 

 

  

 

 

 2つめは、オンラインゲームの「ハンゲーム」を提供されているNHNジャパン様です。

 ケータイ版ハンゲーム「ハンゲ」のプロモーションとして、「ハン顔」をスタートさせました。
 (モバイルで、http://hangao.jp/にアクセスしてください)

 自分の顔写真を送ると、顔の左半分が勝手に変えられてしまいます。すなわち「ハン顔」!
 (天地をキレイに合わせてくれます)

 しかも画面表示は、全て「手書き」という凝りよう。
 (書かれた方、お疲れ様でした)
 友達同士で話題になって、どんどんバイラルして広がっていきそうです。

  「百聞は一見にしかず!」です。
 こちらもぜひチャレンジしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月15日 (火)

モバイルが関連する調査結果3点

Jiaa  モバイルマーケティングの重要性を示す調査が相次いで発表されましたので、こちらで紹介します。
(ブログ更新が追いつかずスミマセン)
---------------------------------
① JIAA 「モバイル広告効果測定調査レポート」
--------------------------------- 
 本日夕方、発表されたばかりのレポートです。
D2Cも、調査実施に協力しています。
モバイル広告の基本型で、広告費割合の最も多い「純広告」(ピクチャー広告)について、広告効果を調査しています。
レポートによると8つの発見がありました。
 -----------------------------------------
 ・3人に2人がモバイル広告を認知している
   (広告効果の土壌がある)
 ・フリークエンシー10回まで、認知率はどんどん上昇
   (フリークエンシー効果)
 ・モバイル広告のイメージは、「インパクトがある」「親しみを感じる」
   (広告インパクト効果)
 ・モバイル広告によって、「商品名想起」「メッセージ理解」に効果
   (ブランディング効果)
 ・モバイル広告によって、モバイルで商品検索、キャンペーンに参加
   (行動喚起効果)
 ・モバイル広告によって、他媒体広告をチェックする行動を喚起
   (逆クロスメディア効果
 ・テレビCMとの同時出稿によって、モバイルの広告認知率が上昇
   (メディアミックス効果)
 ・モバイル広告認知者の4人に1人が、情報発信をする
   (バイラル効果)
 --------------------------------------------
→ これだけ大規模な調査は世界初。モバイル広告の効果が具体的にに示された画期的かつ有益なデータだと思います。

 なお、この資料は、JIAAのサイトからもダウンロードできます。どうぞご活用ください。

----------------------------------------------------
HDYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2008」
----------------------------------------------------
  先週7月8日に発表されました。
 2004年からの継続調査で、東京地区のデータを一部公開しています。
 調査結果によると、

 ・「PC」を通じたインターネット接触時間は減少に転じ、飽和の可能性を示した。
 ・「携帯」を通じたインターネット接触時間は、「雑誌」を追い抜き、引き続き拡大傾向。 
 ・若者にとって、いまや「携帯」がインターネットの入口となっており、10代女子では「テレビ」に次ぐ接触時間となった。
 ------------------------------------
→ 「携帯」が、全世代平均で「雑誌」を抜き、若い世代では「PCインターネット」を抜いている点が注目です。

 こちらの資料も、HDYメディアパートナーズ様のサイトからダウンロードできます。

-----------------------------------------------------
博報堂 HDYメディアパートナーズ「10-20代携帯ユーザー実態調査」
-----------------------------------------------------
 こちらは、先週10日に発表されました。
「携帯」を通じて、1日1回以上インターネットを利用(メールを除く!)している15~29才を対象に「PCインターネット」(!)で調査した結果です。
調査結果によると、

 ・10代、20代とも、70%以上(!)が「マス広告」で見聞きして「携帯サイト」にアクセスした経験がある
 --------------------------------------------------
→ 「PCインターネット」による調査なので、普段「PCインターネット」を使いこなしているユーザーが対象です。だったら、「マス広告」の続きは「PCインターネット」で十分なはずなのに、7割もの人が「モバイル」でもアクセスしているということは、ユーザーは「PC」と「モバイル」を、TPOに合わせて上手に使い分けているということです。
 したがって、これからは、「企業のモバイル常設サイト」は必須になると言えるでしょう。

 こちらの資料も、博報堂様のサイトからダウンロードできます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D2C野球部は、強い!?

Photo  D2Cが社内のクラブ活動に力を入れていることは、過去取り上げてきました。(バスケ部マラソン部

 この前の土曜日は、D2C野球部が大活躍!
 mixiで知り合った社会人4チームが結成した総当たり戦「R☆Sリーグ」の初戦を白星で飾りました。
 投げてはエース(であり、マラソン部主将)がナイスピッチング。
 打ってはルーキー(今年の新入社員)が満塁ホームランを含む全打点をたたき出す活躍で、終わってみれば6-2の快勝でした。

Photo_2Photo_3    

   

   

   

 実はD2C野球部、これが初試合。幸先良いスタートです。
まずはリーグ優勝目指して、今週末も試合です。頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

「広告系総会(夏)」に参加してきました

 7月11日、品川で開催された「広告系総会(夏)」。
 予告通り、参加してきました。

 会場は、そよ風を感じられる開放感あふれた気持ちの良いところでした。
 (夏場はオススメの、オープンスペースです)
 実は、天気予報では「開催時刻頃から雨」となっていましたが、集まった約150人の熱気で雨雲も逃げ出したようです。

 参加者の多くがブロガーということで、さすが、終了と同時にレポートが掲載されています。
 重複するといけないので、会の様子は、そちらをぜひご覧ください。
 (主催者の一人「広告会議」さん(ブログ名)のページに、レポートを掲載したブログ・リストがあります)

 そこで、私からのレポートは、「3つの不思議」という視点で。
-------------------------------------------
D2C社内で事前に情報共有したのに、私以外参加が無いのが不思議。
 (どんどん顔を出した方が良いですよ!)

②なのに、社外の人が当日知らせたにもかかわらず駆けつけてくれた不思議。
 (というより嬉しかった。大竹さん、ありがとう!)

③電通からは、誰も来ていないのが不思議。
 (HDYMPやADK、オリコムでは局長さんが参加しているのに!)
-------------------------------------------
 最後に、主催者の皆様、お疲れ様でした。
 次回の「広告系総会(冬)」、楽しみにしています!
 (さらに人数が増えて大変そうですが・・・)

 名刺交換をさせていただいた皆様、ぜひ新しい仕事、楽しい仕事を、一緒に創っていきましょう!
 (さっそくメールをいただいた皆様、お返事が遅くなってスミマセン、必ずお返事出します・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年7月10日 (木)

「宣伝会議ウェブTV」が開局

Photo  6月2日、宣伝会議様が、広告界向け動画配信サイト「宣伝会議ウェッブTV」をスタートされました。

 スタートして1ヶ月が経って、コンテンツの充実が進んでおりますので、一度ご紹介したいと思います。

 宣伝会議様にとっては、雑誌(7メディアも!)、新聞(創刊4周年を迎えた「アドバタイムズ」)に次ぐ、第三の情報発信メディアという位置づけで、力を入れていらっしゃいます。

 「CM想起率ランキング」は週次更新で、広告主のサイトのCM紹介ページにリンクしているので、話題になっているCMを簡単に見ることができ、重宝しています。

 宣伝会議様が、広告界の発展のために、教育事業にたいへん注力されていることは、以前の記事で書きました。
 (D2Cも、微力ながらお手伝いしています
 この新しいメディアでも、クリエイティブ系(講師:ADK早乙女治氏、サンプル)と、マーケティング系(講師:末吉孝生氏、サンプル)の講座を受けることができます。
 (当然、有料ですが・・・)
 今までは、東京・大阪等でないと受講できなかった講座が、日本全国どこにいても受けられるようになるわけです。

 この宣伝会議様の「eラーニング」事業は、日本の広告界の底上げにつながる、とても重要な取り組みではないでしょうか。

 会員登録するだけで、無料でご覧いただけるコンテンツがほとんどですから、登録されてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

「広告系ブロガーの会」改め「広告系総会(夏)」に参加します

 1月に開催された「広告系ブロガー新年会」。
100人を超える人が集まり、非常に盛り上がりました。
 (以前の記事)。

  この会をキッカケとして、様々なスピンオフ会が開催されたようですが、再び本会が今週末の金曜日に開催されると「お知らせ」が来ました。

 開催イベント名は、「広告系総会(夏)」。

 ブログ未開設の広告関係者からも多数参加希望があったため、条件が緩和されたようです。

 とはいえ前回に引き続き、多数の「広告系ブロガー」が参加するようですね。(一覧表はこちら

 場所は品川の屋外スペース。だから、雨天中止という思い切りの良さ。
週間予報では、現在のところ「曇り」ですね。
 当日、雨が降らないよう、今から願っています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

早大院「ITマーケティング」講義終了

Wbs2008  今年は、5月15日から始まった早稲田大学院(GSC=商学研究科、WBS=早稲田ビジネススクール・プログラム)での講義「ITマーケティング」が、昨日無事終了しました。
 履修生の皆様、お疲れ様でした!
 また、ゲスト講師としてご登壇いただいたHDYMPの久地楽雅也様、Googleの高広伯彦様に感謝申し上げます。

 昨年同様、週1日に2コマ連続×7週間のスケジュールで実施しました。
 すなわち、平日夜の19時に授業を開始し、終了が定刻で22時10分。その後、後片付けをして帰宅すると、午前零時を回ってしまいます。

 MBA取得を目指す履修生の皆さんは、帰宅後に授業で出されたレポートを作成、もちろん修士論文も作成しなくてはいけません。
 しかも、ほとんどが社会人の方なので、チョットだけ寝たら、翌朝は会社に出勤という日々を2年間も過ごすわけです。これは、かなりハード。頭が下がります・・・。
-------------------------------
 そして、明日(土曜日)からは、青山学院のビジネススクール(GSIM=大学院国際マネジメント研究科MBAプログラム)のお手伝いが始まります。
 今度は講師ではなく、名物プログラム「マネジメントゲーム」のサポートです。
 この「マネジメントゲーム」とは、カーネギーメロン大が開発・運営しているもので、世界各地の大学院のMBAコースから履修生が会社の執行役として参加し、コンピュータ上でシェア争いをしながら、世界一を目指します。(詳細はこちら
 私の立場は、GSIMから参加するチーム(今回は2チーム)の社外取締役として、サポートするというものです。
 ゲームの実施期間は、7月8月の2ヶ月間。
 世界一を目指して熱くなっている履修生を、全力でバックアップしたいと思います。
 (ちなみに事業計画書・財務諸表・プレゼンシートなどマテリアルは全て英語・・・・・・会話は日本語でOK!)
---------------------------------
 また毎年2月には、明治大学商学部の小川智由教授のゼミが行っている、これも名物プログラム「コンサルティング・ラボ」を、発表日の1日(日曜日)だけですが、お手伝いもさせてもらっています。
 (立場は、コンサルティングを受けた企業のボードとして、意見を出すという役割です)

 では、なぜ、平日夜や休日を削ってまで、このように教育界、アカデミズム界をサポートするのか?
 その理由は、こちらの記事をご覧ください。
---------------------------------
 ところで私、 理系出身なんですけれど・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

JIAA「インターネット広告の基本実務に関する研修」

 毎年この時期、JIAA(インターネット広告推進協議会)では、ネット広告の基礎研修を行っています。
 今年は、6月18日と30日に東京で行いました。
 (大阪では7月10日に開催します)

 内容は、以下の4部で構成され、13時過ぎから17時までの研修です。
-----------------------------
 「インターネット広告市場の概況」
    サイバー・コミュニケーションズ 安藤茂宏 氏
-----------------------------
 「インターネット広告の種類と特徴」〜掲載までの業務の流れ〜
    デジタルアドバタイジングコンソーシアム
    兼 レリバンシー・プラス 田村修 氏
-----------------------------
 「インターネット広告の送稿業務」〜トラフィックマニュアル〜
    アド・プロ 小林宏紀 氏
-----------------------------
 「モバイルマーケティングの基本」
    ディーツー コミュニケーションズ 藤田明久
-----------------------------
 受講生は、新卒の方、他業界から転職してきた方、広告業界は長くても部署異動で初めてネット広告に触れる方と、バックグランドはバラバラ。
 だから、ネットや広告に対する知識もバラバラ。

 そこで、私のパートの最後は、次のような話をして、締めています。
-----------------------------
 ここに集まった全員に共通していることは、広告業界の中で「どんどん伸びていく」世界に身を置いていること。
 そして、その「成長を自らの手で創り出す」ことができる舞台に立っていること。
 この事実を「意識」しながら、そして「幸せ」に感じながら、仕事をしてください。

 「勢力図を変えること」、「時代を変えること」は、とても大変。
だから、「忙しさ」や「苦労」も、広告業界の中で一番だろう。
 でも、「やりがい」や「充実感」も、きっと一番大きい。

 ぜひ一緒に、この広告業界の新しい「歴史を創る」ことに挑戦していきましょう。
------------------------------
 このJIAAで、私は副会長を拝命していることもあって、最後はモバイルそっちのけで熱く語ってしまい、毎年終了時刻を10分以上オーバーしてしまいます。反省・・・・・。
 

--------------------------------------------------------
 また本日午前中、D2Cセミナールームにて、D2Cも参加する「モバイルメディア連絡会」会員向けセミナーとして、「デジタル違法配信についての実態とレコ協その他の取組」(講師は、日本レコード協会の方)が開催されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

「かざすクーポン」東京上陸!

Photo  昨日7月1日(火)、日本マクドナルド様が展開する新型クーポン「かざすクーポン」が、遂に東京に登場しました。
 (5月20日より九州の一部地域で先行スタート

 さっそくトライしてきましたので、ご報告します。

 今までのクーポンは、利用するときに最新のクーポン画像(Flash)をモバイル上に呼び出し、番号をお店の人に伝えて、現金で支払いました。
---------------------
 今度のクーポンはアプリですので、最初に一度プログラムをダウンロードしておけば、利用前に起動する度に、通信で最新のクーポンに自動更新される点が、まず便利です。

Photo_2  さらにアプリなので、注文も便利に。
 今まで同様、クーポンメニューが次々と画面に表示されますが、注文個数を指定できます。最後に、「完了」指示をすると、注文内容の一覧と合計金額が表示されます。

 実は、東京のマクドナルドの全店・全レジに、左上の写真(店頭に用意された「説明パンフ」の表紙です)に登場する読み取り機が、既に設置されており、先ほどのモバイルをかざすと、これで注文が完了します。
 今まで、画面を操作しながら、番号を大声でお店の人に伝えていた時と比べると、とってもスマート!
 (当然ですが、テイクアウトか否かや、セットメニューのドリンク指定、クーポンメニューに無い商品の注文は、従来通り口頭となります)
-------------------------------------------
Photo_3  そして最後の支払いも、この読み取り機が「iD」対応なので、「支払いはiDで」と伝えれば、こちらもケータイで完了。
 モバイルをこの読み取り機にかざすと、下半分にある円弧が白く輝き、マクドナルド様のトレードマークとも言える「スマイル」マークが現れます。

 利用者から見ると、注文の準備から支払いまで、全て手元のモバイルで完了します。
これからは、「まずお店に行って列に並んでから、手元のモバイルのアプリを起動して、順番が来る前に注文を完了して、支払いはモバイルで・・・」という行動が、店舗利用のスタンダードスタイルになりそうです。

 そして、マクドナルド様のメリットは・・・。考えれば考えるほど、様々なメリットの可能性が見えてきますね。
-------------------------------------------
 最後です。注文時、モバイルを読み取り機にかざした際、聞こえる音は、どんな音でしょうか?
 ぜひお店で、この「かんたんクーポン」をトライして、聞いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

「とくするメニュー」の背景が・・・

Ccjc  昨日に続いて、今日も「とくするメニュー」で新しい動きが!

 日本コカ・コーラ様が、今日から「オリンピックデザイン」コカ・コーラを、先着25万人の方にサンプリング・キャンペーンを始められました。

 そこで「とくするメニュー」では、今日から背景を大胆なことに「コカ・コーラデザイン」に変更して、本キャンペーンの告知を開始しました。

 ドコモユーザーの方は、ぜひ、「iMenu」の中の「とくするメニュー」をご覧いただき、期間限定デザインのコカ・コーラ(350ml缶もしくは500mlPET)を入手してください。

 さて、この日本コカ・コーラ様のキャンペーンですが、「シーポン」(QRコードを使った電子クーポン)を受け取った人が、「シーモ」(QRコードやFeliCaの読み取り機能が付いた自動販売機)で受け取るという方法で実施されています。
 企業側にとっては、運搬費・人件費が節約でき、一人に一本までしか提供しない仕組みなので、より多くの人にサンプリングに参加してもらえる等、従来のサンプリングに比べて、とても効率的。
 そして、世の中にとってはトラック輸送などでCO2を出ない、引替券といった紙も使わない等、環境にとても優しい、「クリーンなサンプリング」手法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »