« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の15件の記事

2007年10月30日 (火)

新聞は社会のポータルメディア

P1010132  D2Cでは、新聞を使って、効率的に情報収集および情報共有を行っています。

 以下、宣伝会議(2006年11月15日号のP52~53)に掲載された取材記事から、私のコメント部分を抜粋・加筆して、お話ししたいと思います。 

 「新聞には、国内外を問わず、幅広いジャンルの情報がコンパクトにまとめられているので、世の中の動きを俯瞰的に見ることができます。新聞こそが世の中のポータルメディアだと言えます。時間のない我々にとって、効率的に情報収集できる武器なのです。」

 「D2Cでは、新入社員研修に新聞を利用しています。新入社員は全ての新聞に目を通し、業務に関連する情報を関係部門に伝えます。この仕事を1年間続ければ、情報の収集→分析→発信という基礎スキルが自然と身につきます。新聞は、言うなれば毎日届く教材なのです。」

 「また、毎朝ベテラン社員が、D2Cメンバーであれば知っておくべき情報を厳選して貼り出すので、午前中には必要な情報が共有されます。ピックアップした記事は、ホワイトボード上に掲示するため、いま話題の『ニコニコ動画』(最近始まったこちらも話題の「日経トレンディネット」の解説記事)ように、自由にコメントを加えることができます。社員の知見が集約され、より深い情報共有が実現するわけです。」

 ちなみに、この取材は、「ネットの最前線で働く人が、新聞の愛読者というのは面白い」ということで、サイバーエージェントの藤田晋社長と、アウンコンサルティングの信太明社長とともに取材されたものでした。
 ご興味がありましたら、こちらで購入されるか、バックナンバーを取り寄せるなどして、ぜひ一度お読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

ベルリンの壁のかけら

Img_0496  昨日、ドイツの「Berlin School of Creative Leadership at Steinbeis University」から、お客様をお迎えしました。

 参加者は、ドイツ、スイス、イスラエル、ブラジル、ポルトガル、ロシア、ルーマニア、チェコ、そして日本の広告会社のエグゼクティブです。

 いつものように、D2Cで日本のモバイル広告・マーケティングのレクチャーをした後、時間があったので、NTTドコモに移動して、ショールームを見てもらいました。

今回のお客様は、広告クリエイティブに関心が強かったのははもちろんですが、「おサイフケータイ」に関して質問が多かった点が印象的でした。

P1010146  彼らからお土産に、あの「ベルリンの壁のかけら」をいただきました。

彼らにとって、これは「既存の概念を打ち破ることの象徴」だと説明されました。

「20世紀のマーケティングの常識は、21世紀の非常識」を訴えているD2Cとして、すっかり共感してしまいました。

 社内の応接室に飾りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

D2Cバスケ部、白星発進!

Img_0495  D2Cは、社内のクラブ活動にも力を入れています。

現在、会社公認クラブ(活動支援金が出る)が7つあります。

その中でも、最多部員数を誇るのがバスケ部で、強化合宿をするなど、かなりの力が入っています。

 そのバスケ部が、昨日、ドワンゴ様と試合をし、嬉しいことに勝つことができました(第一試合:28-14、第二試合:31-18)!

アフター5に試合をしていただいたドワンゴ様、ありがとうございました。

Img_0451  元気に走り回っていた入社3年目社員によると、ただいま対戦相手を募集中だとか。

他の部の活動も、随時お知らせしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

2009新卒採用活動スタート

 さ来年4月入社に向けた新卒採用活動がスタートしました。

さ来年というと、遠い先の話のようですが、実はアッという間にやってきます。 

 まずは、リクナビ上でエントリー受付を開始しました。

上記サイトは、大学3年生向けの作りになっていますが、D2Cという会社をご理解いただくには、一番わかりやすい資料かもしれません。ぜひご覧ください。

 さて、採用人数ですが、事業が拡大しているので、さ来年は従来よりも拡大しようと思っています。

皆様の周囲に、「広告」と「携帯電話」の両方に関心のある大学3年生の方がいらっしゃいましたら、「こんな会社もあるよ」とぜひ教えてあげてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

Gガイドモバイルの利用登録者が2,000万人に

 10月18日、Gガイドモバイル(GGM)の利用登録者が3キャリア合計で2,000万人を突破しました。(リリースはこちら

 2004年12月1日、NTTドコモ「901iシリーズ」にプリインストールされる形でサービス開始しましたが、2年後の2006年10月には1,000万人を突破、その1年後には2,000万人を突破したことになります。

 昔ですと「着メロ」「占い」「ゲーム」、最近ですと「モバゲータウン」「顔ちぇき!」「mixiモバイル」等、モバイルのサービスは急激にユーザーが増えていく特性があります。

 利用者の母数(携帯電話契約者数)が多いということもありますが、「相手の役に立つ」サービスや「相手を面白がらせられるサービス」ですと、画面を見せながらの口コミで、その存在がものすごいスピードで、人々の間に伝わっていくからです。

 中でも「Gガイドモバイル」の2,000万人という登録者数は、日本はおろか世界規模で見回しても、他のサービスを寄せつけない圧倒的No.1のサービスコンテンツと言えます。

 さて、この「Gガイドモバイル」ですが、ユーザー調査をすると、やはり自宅でTVを見ながらの利用が多いようです。

 ですので、テレビで広告を実施する企業が「広告の続き」をここで見せ、潜在顧客を掘り起こす「クロスメディア」手法で活用したり、「エンタメ系コンテンツ企業」がTV好きに受け入れられることを狙って活用したり・・・。(詳細はこちらまでお問い合わせください)

 皆様のご支持に深く感謝するとともに、よりよいサービスにするよう今後も頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

第2回モバイルショッピング大賞決定

Img_8451_2  昨日は、D2Cが3キャリアで展開している「ショッピング情報ポータルサイト」の「とくする通販」(詳細はこちら)に広告掲載されているEC事業者様向けのカンファレンスを開催しました。浜松、名古屋、京都、大阪から新幹線で駆けつけていただく等、200名弱のお客様にお越しいただきました。

 通販新聞の渡辺編集長と日本通信販売協会(JADMA)の柿尾理事をお迎えしてのパネルディスカッション(上記の写真)の後、第2回となる「モバイルショッピング大賞」(賞の概要と受賞企業発表のリリースはこちら)を発表、贈賞式を行いました。

Img_8632

 大賞は、2年連続で株式会社ヴァイスロイ・インターナショナル様が運営する「海外ブランドセール 」が受賞されました。壇上、伊藤社長から、「この分野は確実に日本が先行している。皆さんで、世界最先端のことをどんどんやりましょう!」と来場者にエールを飛ばされました。

 最後は懇親会で、来場者の方の携帯電話を使って、「脳内メーカー」を題材にしたゲームを行い、楽しく盛り上がりました。

 皆様、どうもありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

社長が机に花を生ける理由

Img_3092  社内の中に置かれた大きめな木の机。私はいつもその机に座っています(社内風景はこちら)。社内を見学された方は、国内外を問わずほぼ全員が驚く、「D2C名物」の一つになっています。 

 その机の上に、毎週月曜日の朝、買ってきた花を私自身の手で花瓶に生けて、飾っています。(花瓶は、受付に置かれたこれまた「D2C名物」の「歓迎の椅子」に合わせたグリーンのビニール製)

 汐留に引越して、しばらくしてから始めたので、もう2年以上も続けています(最近、葉っぱのみの休業状態でしたが、昨日から復活させました)。

 花が大好き、とか、生け花の免許を持っているというわけではないのに、毎週花を飾る理由は、ただひとつ。

 ガラスとコンクリートに囲まれた大都会で働くD2Cメンバーに季節感を感じて欲しいから。広告の世界で働く人間として重要な、生活者の皮膚感覚を大切にして欲しいからです。

 さて、今週の花は「竜胆(りんどう)」。来週は「秋桜(コスモス)」あたりにしましょうか?

(随時、「D2C関連写真」ページにアップさせていきたいと思います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

MAF2008は11月21日(水)開催

Maf  本日、mediba様、Jモバイル様と共同で、「Mobile Ad Forum(MAF)2008」開催のリリースを出させていただきました。

 このイベントは、2002年11月13日に有楽町マリオンで開催された「MAF2002」を第一回として毎年開催しています(2003年からMAF2004と翌年の年号を表記)。

 最初は、モバイル広告の可能性を語りながら(ITmedia様の記事)、3社の広告掲載ルールを統一して発表する場(ITmedia様の記事)でしたが、その後は半歩先の広告界のトレンドを紹介しながら、その流れに沿った共同開発広告メニューの発表を行っています。

 3年前の2004年秋には、基調講演に立った秋山氏から「ホリスティックマーケティング」「AISAS」を、大柴氏から「Gen-Y」「WOM」等の概念が披露されています。

 (過去の開催内容については、Googleの検索結果をご覧ください)

 D2Cにとって単独主催でないイベントとしては、6月のMMC(Mobile Marketing Conference/日経ネットマーケティング様の記事)と並ぶ大型イベントに位置づけられており、今年も800名前後の来場が予定されています。

 今年のテーマは、「エンゲージメント」。

 開催会場は昨年と変わらないので、今年も先着順で締め切らせていただきます。エントリーはお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

クロスメディアの新しい形

 本日は、折込広告のリーディングカンパニー「読売is(インフォメーションサービス)」様と一緒に、銀座で講演をしました。

 講演のテーマは、「折込広告とモバイル広告」クロスメディア展開の効果検証。今年3月にクライアント「さくらや」様が「折込チラシ」と「メッセージフリー」を同時出稿された際の効果について、追跡調査した結果についてです。

 これ、弊社では7月にニュースレターという形で発表させていただいたものでして、最も注目すべきは、「モバイル(メッセージフリー)を見て、家にある折込広告を探す」というクロスメディア行動を喚起した点でしょう。

マス広告(折込・屋外広告を含む)と接触して、広告の続きを見るためにモバイルにアクセスするという通常のクロスメディア行動だけでなく、家の中で接触しているモバイルからマス広告に誘導することもできるというわけです。

 実は、この調査結果に対して、我々の想像を越える反響をいただきました。

 試しに、Googleで「折込広告 モバイル」を検索してみてください。広告関係ブログを始め、ものすごい数のサイトがこの発表に注目し、取り上げていることがわかると思います。

 読売is様も、昨日のマンダム様同様、新しいマーケティングにどんどんチャレンジする会社です。

 そんな素晴らしい会社と一緒に仕事ができるD2Cは本当に幸せだ、とつくづく感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

「GATSBY学生CM大賞」審査会

 今日は、「学生CM大賞」の審査員として、主催であるマンダム様(大阪)にお邪魔しました。

二回目となる今回は、「モバイルで見た時の評価」という視点を加えるということで、お声をおかけいただきました。

私以外の審査員は、審査委員長の山崎隆明さんを始め、黒田秀樹さん、辻中達也さんと、そうそうたる顔ぶれです。

 学生の応募は、日本だけでなく、韓国と香港からもあり、前回の1.4倍の263作品が集まったとのこと。

一次審査を通過した30作品から、日本・韓国・香港からのネット投票によって残った人気上位15作品を審査しました。

審査の内容は口外できませんが、各審査員の推挙した作品がほぼ一致していたので、大賞を始め各賞を決定する最終審査(11月4日)は、スムーズに進みそうです。

 感想ですが、3カ国の学生たちが、ギャツビー「ムービングラバー」と真剣に向き合いながら作成した15秒や30秒の映像群を見ることは、とても楽しく刺激になりました。

また、最新のモバイルで見た映像は、大画面のTVで見た映像と全く遜色ないことに、改めて驚いてしまいました。

 貴重な機会をいただいたマンダム様に感謝するとともに、若者が能力を発揮する場となるこの賞をぜひ今後も続けていただければ、と思います。

 やっぱり元気のある会社は、面白くて、社会に貢献するチャレンジをされていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

オピニオン27/社長ブログを始めた理由/2007.10

 本日、D2Cで隔月発行している業界紙「DDNews」の最新号が発行されます。

私が寄稿している「オピニオン」を、ブログでも同時に公開します。

 定期発行という点で世界唯一・世界最大(6千部)のモバイルマーケティング業界紙「DDNews」の購読・広告申込みはこちらまで。

------------------------------------------------

20071229131245_00003_15 「社長ブログを始めた理由」

●手作りのスタート

 9月3日月曜日、遅まきながら社長ブログを開始した。

社内外から勧められていたが、業務多忙を言い訳に固辞してきた。しかし、8月1日のある新聞記事をきっかけに重い腰を上げることにした。

 あくまで個人のブログという位置づけにしたので、既に個人でブログを開設している社員の協力を得ながら、サービス提供会社を決めて個人で契約、レイアウトを決め、なんとか開始予定日に間に合わせた。サポートをしてくれた先輩ブロガー達に感謝したい。

続きを読む "オピニオン27/社長ブログを始めた理由/2007.10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

産経で「ドコモコイン」の記事

 10月3日の産経新聞に「新趣向NEWSPACE ドコモコインバージョン開始」との囲み記事が掲載されました。

 中身は、今、最も注目されているニュースサイト「iza(イザ)β版」に全文掲載されていますので、こちらをご覧ください。

 実はこの記事を見て、ニュースペース・コム社に、博報堂DYMPを始め広告関係数人の方から、早速問い合わせが来たそうです。「ドコモコイン」についてのご質問は、販売元のD2Cにお願いしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

GODIVA「ショコイスト」モバイルサンプリング

P1010135_2   昨日、大手町で2つの企業様とミーティングの帰り道、新・丸ビルB1Fの「GODIVA」ショップに立ち寄りました。新ライン「ショコイスト」のモバイル・サンプリング・キャンペーンを覆面レポートするためです。

 今回のキャンペーンですが、D2Cでは、「とくするメニュー」のビルボード広告や、「メッセージフリー」のHTML配信などで、告知をお手伝いさせていただいています。

 ショップでは、ワーキングウーマンが、モバイルの画面を店員さんをまさに見せている最中で、店員さんは画面上のクーポンの有効日(発行日)を確認してから、「ショコイスト+説明書」(左の写真)を渡していました。非常にスムーズな流れだったのが、印象的でした。

 お客様が途切れたところで、店員さんに質問すると、「クーポンを持ってくるお客様は1日100人位で、今週一杯で配布分は無くなりそうです」とのことでした。

 皆さんも、「とくするメニュー」の上の方に出ている広告からモバイルクーポンをゲットして、お近くのGODIVAショップにGO!(新規開店の汐留店は既にはけてしまいました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

「Gガイドモバイル」リモート予約は新製品にも対応します

 連日のリリースです。今日はモバイルTV番組表「Gガイドモバイル」のニュース。

本日より「CEATEC JAPAN 2007」が開幕し、映像・情報・通信業界の新製品が発表されました。

 その中で、松下電器様のHDDレコーダー新製品(Blue-ray含む)が早々と「Gガイドモバイル」のリモート予約機能対応になりました(リリースはこちら)。これ、ブロードバンド接続された対応レコーダーなら、非常に簡単な設定をしておくだけで、手元の携帯の「Gガイド番組表」からこれも簡単な操作で、ほぼタイムラグ無く、録画予約を設定できてしまうものです。

 よくお客様関連のニュースが「当日放送されます」というお知らせをいただきますが、出張していても、宴席があっても、確実に録画し、見ることができる「スグレモノ」です。

 このニュース、「ケータイWatch」でも取り上げられています。インプレス様、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

電話帳サイトで着信課金広告

 本日、エヌ・ティ・ティ番号情報様、オプト様、コムスクエア様との協業をリリースさせていただきました。

 iモードの電話帳サイト「iタウンページ」上で、「ペイパーコール」(PPC、着信課金型広告)を、本日より開始した(リリースはこちら)というものです。D2Cは、生活者が電話をかけるインセンティブとして、「ドコモコイン」を提供しています。

 オプト様、コムスクエア様とのコラボとしては、「とくするメニュー(とくする貯金箱)」、「タクシー内広告」、「アクトビラ(TVポータル)」に続くメディア展開です。今後も様々なメディア上に展開したいと思いますので、関心のある方は、ぜひお問い合わせください

 本日付けの日経産業新聞2面にも記事が掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください(「NIKKEI NET」上の記事掲載はこちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »